検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

$$g$$-factor measurement of the 2738 keV isomer in $$^{135}$$La

$$^{135}$$Laにおける2738-keVアイソマーの$$g$$因子測定

Laskar, Md. S. R.*; Saha, S.*; Palit, R.*; Mishra, S. N.*; 清水 則孝*; 宇都野 穣; 井手口 栄治*; Naik, Z.*; Babra, F. S.*; Biswas, S.*; Kumar, S.*; Mohanta, S. K.*; Palshetkar, C. S.*; Singh, P.*; Srivastava, P. C.*

Laskar, Md. S. R.*; Saha, S.*; Palit, R.*; Mishra, S. N.*; Shimizu, Noritaka*; Utsuno, Yutaka; Ideguchi, Eiji*; Naik, Z.*; Babra, F. S.*; Biswas, S.*; Kumar, S.*; Mohanta, S. K.*; Palshetkar, C. S.*; Singh, P.*; Srivastava, P. C.*

タタ基礎物理学研究所の重イオン加速器にて、$$^{11}$$B($$^{128}$$Te, 4n)$$^{135}$$La反応によって$$^{135}$$Laの励起状態を生成し、2738keVにあるアイソマーの$$g$$因子を時間微分型摂動角分布(TDPAD)法によって測定した。得られた$$g$$因子の値は$$-0.049(3)$$であった。このアイソマーの核構造を理解するため、$$^{135}$$Laに対し、大規模殻模型計算を行った。殻模型計算は低励起状態のバンド構造を非常によく再現し、2738keVのアイソマーのスピンパリティは$$23/2^+$$であることを強く示唆する結果が得られた。このアイソマーは、$$^{134}$$Baの$$10^+_1$$$$d_{5/2}$$軌道にいる陽子が結合してできる配位が主であると解釈された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.