検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

複合核における時間反転対称性の破れ探索に向けた中性子偏極デバイスの開発

The Development of the $$^{3}$$He spin filter for the time reversal violation search using compound nuclei at JAEA

奥平 琢也; 奥 隆之; 酒井 健二 ; 猪野 隆*; 林田 洋寿*; 廣井 孝介; 篠原 武尚; 加倉井 和久*; 相澤 一也; 清水 裕彦*; 北口 雅暁*; 山本 知樹*; 佐藤 匠*

Okudaira, Takuya; Oku, Takayuki; Sakai, Kenji; Ino, Takashi*; Hayashida, Hirotoshi*; Hiroi, Kosuke; Shinohara, Takenao; Kakurai, Kazuhisa*; Aizawa, Kazuya; Shimizu, Hirohiko*; Kitaguchi, Masaaki*; Yamamoto, Tomoki*; Sato, Takumi*

共通技術開発セクションでは、J-PARC物質・生命科学実験施設の大強度中性子ビームを活用するための重点技術として偏極中性子デバイスの一つである$$^{3}$$Heスピンフィルターの開発を行なっている。偏極中性子ビームは基礎物理実験での利用が盛んであり、基礎物理分野との連携は今後の$$^{3}$$Heスピンフィルターの開発に重要である。現在の素粒子・宇宙論は物質優勢宇宙がどのようにして生まれたのかを説明することができていない。これは未だ見つかっていない時間反転対称性の破れが存在することを示唆しており、偏極中性子と原子核の反応における時間反転対称性の破れを探索する実験がJ-PARCにて計画されている。そのためには1eV程度の熱外中性子を偏極するための従来にない巨大な$$^{3}$$Heスピンフィルターが必要であり、現在原子力機構では開発を進めている。また本計画の予備実験として$$^{3}$$Heスピンフィルターを使用したユーザー実験も盛んに行なっている。本発表では原子力機構における開発の現状と今後の計画について発表する。

The technology development section carries out the development of the neutron polarization device: $$^{3}$$He Spin Filter. Since this device is often used for the fundamental physics region, it is important to cooperate with scientists in this region for further development. In order to explain the matter-dominated universe, a time reversal violation is necessary and searches for new physics are conducted in the world. The T-violation search experiment using a polarized neutron beam is planned at J-PARC. A large $$^{3}$$He spin filter is needed to polarize epi-thermal neutron for the experiment and is developed in JAEA. Recently, user's experiments for the T-violation search using $$^{3}$$He spin filter were conducted. The current status of the development of the $$^{3}$$He spin filter and feature plan will be presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.