検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島県大熊町及び双葉町にて採取した放射性セシウムを含む不溶性粒子の分類

Classification of the insoluble particles including radioactive Cs found in Okuma town and Futaba town, Fukushima prefecture

五十嵐 淳哉*; Zhang, Z. J.*; 二宮 和彦*; 篠原 厚*; 佐藤 志彦  ; 箕輪 はるか*; 吉川 英樹

Igarashi, Junya*; Zhang, Z. J.*; Ninomiya, Kazuhiko*; Shinohara, Atsushi*; Satou, Yukihiko; Minowa, Haruka*; Yoshikawa, Hideki

福島第一原子力発電所の事故により環境中に大量の放射性物質が放出された。これらの中で一部の放射性核種は、SiO$$_{2}$$の母材に放射性Csが濃集した水や酸に不溶な粒子(以下、不溶性粒子)として放出されたことがわかっている。不溶性粒子は水に不溶であることから環境中に存在し続けると考えられ、高濃度でCsを濃集していることから、体内へ取り込まれた際の健康被害が懸念される。しかしながら、これらの粒子がいつどこへどれくらい放出されたかについての知見は限られている。本研究では福島県大熊町と双葉町の土壌から不溶性粒子を採取し、採取場所ごとの粒子の形状やその性質の違いについて調べた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.