検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所における事故対応ワークロード分析に基づく緊急時対応力向上に関する研究

Enhancing emergency response in the field based on analysis of workload distribution at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station

吉澤 厚文*; 大場 恭子; 北村 正晴*

Yoshizawa, Atsufumi*; Oba, Kyoko; Kitamura, Masaharu*

本研究は、東京電力福島第一原子力発電所の緊急時対策本部における事故時のワークロードマネジメントを分析することにより、緊急時対応力向上を目的としたものである。選定した事象は、緊急時対応力が求められた福島第一原子力発電所の3号機におけるHPCIの停止による原子炉注水停止から、原子炉への注水回復を暫定的に回復することに成功した時間帯の緊急時対策本部の対応である。テレビ会議システムの映像を文字起こししたデータを基本データとし、会議録では事実関係の把握が難しい時には、各報告書や調書を参照した。また、ワークロードマネジメントを評価する手法は、Crew Resource Managementの手法を参照した。本研究により、発電所対策本部のワークロードマネジメントの実態が明らかになるとともに、緊急対応力向上のために、発電所対策本部および関係する外部組織に求められる課題が明らかになった。

This study aims to improve the potential of an emergency response by analyzing the workload management during the accident at the Emergency Response Center (ERC) of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Specifically, the research focused on the response of the ERC during the time between the discontinuation of Unit 3 core water injection and its recovery. It identified the different types of workload at the ERC had and how they had been managed based on the record of a TV conference. It also deduced the casual factors of the responses, supplementing the interview record of the director of ERC at the time by applying workload management analysis. On the basis of these findings, lessons to enhance the potential of the on-site emergency response have been obtained for ERC and outside organizations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.