検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

光ファイバ式ひび割れ検知センサの安全確保技術としての適用性に関する研究(平成27年度$$sim$$平成30年度)(共同研究)

Study on the applicability of the fiber-optic crack detection sensor as a safety technology (FY2015-FY2018) (Joint research)

河野 勝*; 葉山 和則*; 松井 裕哉; 尾崎 裕介

Kono, Masaru*; Hayama, Kazunori*; Matsui, Hiroya; Ozaki, Yusuke

本共同研究では、東京測器研究所の光ファイバ式ひび割れ検知センサが、数十年間の長期的な安全確保技術として有効に機能しうるかに関する検証を行うことを主目的として、平成22年度(2010年度)から平成26年度(2014年度)まで実施していた東京測器研究所との共同研究を継続し、瑞浪超深地層研究所において、原位置での長期耐久性試験を実施した。この試験の結果、光ファイバ式ひび割れ検知センサシステムに関する地下坑道内での長期計測システムとしての適用性やその維持管理方法を実証的に確認したと同時に、今後の課題も明らかにした。

To verify long-term safety performance of the sensor for decades, we decided the extension of the collaborative research and the evaluation test of long-term durability of fiber-optic crack detection sensor developed by Tokyo Measuring Instruments Laboratory Co., Ltd. at the Mizunami Underground Research Laboratory were continued from FY 2015 to FY 2018. As a result, the measurement system using of the fiber-optic crack detection sensor is applicable for long-term measurement in deep underground area and find the future subject.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.