検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Effects of multichance fission on isotope dependence of fission fragment mass distributions at high energies

高エネルギー領域においてマルチチャンス核分裂が核分裂片質量分布の同位体依存性へ与える影響

田中 翔也; 有友 嘉浩*; 宮本 裕也*; 廣瀬 健太郎; 西尾 勝久

Tanaka, Shoya; Aritomo, Yoshihiro*; Miyamoto, Yuya*; Hirose, Kentaro; Nishio, Katsuhisa

散逸揺動定理を採用した動力学模型を使用し、$$^{234-240}$$U, $$^{236-242}$$Np, $$^{238-244}$$Pu ($$E^{*}$$=15-55MeV)という広い範囲の核種および励起エネルギーにおいて核分裂片質量分布の評価を行った。本研究の特色は、原子核が分裂へ至るまでに中性子を放出するという、マルチチャンス核分裂の概念を理論計算へ導入していることである。その結果、実験データを系統的に再現する計算結果を得られた。特に、励起エネルギーが高い領域においても核分裂片質量分布がふた山構造を維持する傾向や、原子核の初期状態(特に中性子数)に依存するという実験データの傾向を再現することに成功した。またこの傾向が、核分裂前の中性子放出確率を支配している複合核の中性子結合エネルギーと相関を持つことを示した。

Fission fragment mass distributions of $$^{234-240}$$U, $$^{236-242}$$Np, and $$^{238-244}$$Pu are studied using the Langevin approach in the widely excitation energy range as $$E^{*}$$ = 15-55 MeV. In the present calculation, neutron emission before fission, so called multichance fission, was introduced. The calculated results well demonstrated the experimental data, which shows the double-peak structure up to the highest excitation energies and the clear dependence on the initial fissioning nuclides. The trend is nicely correlated with the neutron binding energy of the compound nucleus that dominates the neutron emission probability before fission.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.