検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力機構におけるFTおよび(U-Th)/He分析施設の現状と展望

Current status and prospects of FT and (U-Th)/He dating laboratory at Japan Atomic Energy Agency

末岡 茂; 島田 耕史; 菅野 瑞穂; 横山 立憲

Sueoka, Shigeru; Shimada, Koji; Kanno, Mizuho; Yokoyama, Tatsunori

原子力機構における(U-Th)/He年代およびFT年代測定の分析施設について紹介する。FT法については、FT自動計測装置の導入を行い、分析の迅速化・簡便化を行った。また、ジルコンを対象とした分析環境の整備も進めている。今後の課題としては、LA-ICP-MSを用いたウラン濃度測定手順の確立などが挙げられる。(U-Th)/He法については、新たなHe質量分析計(Alphachron)を導入し、He濃度測定の自動化を行った。U-Th濃度の測定が今後の課題として挙げられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.