検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

X線・中性子反射率法による潤滑界面の平均構造評価

Investigation of lubrication interface by X-ray and neutron reflectometry

日野 正裕*; 足立 望*; 戸高 義一*; 大場 洋次郎 ; 小田 達郎*; 森 一広*; 遠藤 仁*; 平山 朋子*

Hino, Masahiro*; Adachi, Nozomu*; Todaka, Yoshikazu*; Oba, Yojiro; Oda, Tatsuro*; Mori, Kazuhiro*; Endo, Hitoshi*; Hirayama, Tomoko*

材料表面においては、結晶粒界や格子欠陥等の組織が、材料と潤滑油の界面構造を通して摩擦特性に影響を与えている可能性がある。そこで本研究では、鉄鋼材料の模擬試料としてイオンビームスパッタ法で成膜した鉄膜を用い、X線・中性子反射率法および中性子スピンエコー法により潤滑油との界面の構造を調べた。X線反射率法では、界面における潤滑油膜の形成を示唆する結果が得られた。また、スピンエコー法により潤滑油膜の動的な構造評価を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.