検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Magnetically navigated protein transduction in vivo using iron oxide-nanogel chaperone hybrid

酸化鉄-ナノゲルシャペロンハイブリッドを使用したin vivoでの磁気的にナビゲートされたタンパク質形質導入

川崎 陸*; 佐々木 善浩*; 西村 智貴*; 片桐 清文*; 森田 圭一*; 関根 由莉奈   ; 澤田 晋一*; 向井 貞篤*; 秋吉 一成*

Kawasaki, Riku*; Sasaki, Yoshihiro*; Nishimura, Tomoki*; Katagiri, Kiyofumi*; Morita, Keiichi*; Sekine, Yurina; Sawada, Shinichi*; Mukai, Sadaatsu*; Akiyoshi, Kazunari*

機能性タンパク質の細胞内送達である「タンパク質形質導入」のためのシステムは、タンパク質治療の送達可能性の課題に対処するために必要であるが、in vivoでのタンパク質導入は依然として困難である。本研究では、酸化鉄ナノ粒子と多糖類ナノゲルで構成される磁性ナノゲルシャペロン(MC)を使用した磁気誘導in vivoタンパク質形質導入システムを開発した。口腔癌モデルを用いた実験により、本MCシステムが癌治療に有用であることが示された。

Systems for "protein transduction", the intracellular delivery of functional proteins, are needed to address the deliverability challenges of protein therapy, but protein transfer in vivo remains difficult. In this study, we have developed a magnetically induced in vivo protein transfection system using a magnetic nanogel chaperone (MC) composed of iron oxide nanoparticles and polysaccharide nanogels. Experiments using an oral cancer model have shown that this MC system is useful for cancer treatment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:62.81

分野:Engineering, Biomedical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.