検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

令和元年度原子力発電所周辺における航空機モニタリング(受託研究)

Radiation monitoring using manned helicopter around the Nuclear Power Station in the fiscal year 2019 (Contract research)

普天間 章; 眞田 幸尚  ; 石崎 梓; 川崎 義晴*; 岩井 毅行*; 平賀 祥吾*; 佐藤 一彦*; 萩野谷 仁*; 松永 祐樹*; 菊池 陽*; 廣内 淳; 平岡 大和; 卜部 嘉*; 工藤 保

Futemma, Akira; Sanada, Yukihisa; Ishizaki, Azusa; Kawasaki, Yoshiharu*; Iwai, Takeyuki*; Hiraga, Shogo*; Sato, Kazuhiko*; Haginoya, Masashi*; Matsunaga, Yuki*; Kikuchi, Hikaru*; Hirouchi, Jun; Hiraoka, Hirokazu; Urabe, Yoshimi*; Kudo, Tamotsu

2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺環境に飛散した。事故直後より、放射線の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、航空機等を用いた空からの測定方法が適用されている。ここでは、令和元年度に実施した福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果について取りまとめると共に、過去の福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果から空間線量率等の変化量を評価し、変化量に寄与する要因について考察した。また、航空機モニタリングによる空間線量率の計算精度向上に資するために、航空機モニタリングデータを用いて地形の起伏を考慮に入れた解析を行った。地形の起伏を考慮に入れる前後での解析結果を比較し、本手法による精度向上効果を評価した。さらに、空気中のラドン子孫核種の弁別手法を測定結果に適用して、空気中のラドン子孫核種が航空機モニタリングに与える影響について評価した。

By the nuclear disaster of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (FDNPS), Tokyo Electric Power Company (TEPCO), caused by the Great East Japan Earthquake and the following tsunami on March 11, 2011, a large amount of radioactive material was released from the FDNPS. After the nuclear disaster, airborne radiation monitoring using manned helicopter has been conducted around FDNPS. The results in the fiscal 2019 were summarized in this report. Analysis taken topographical effects into consideration was applied to the result of airborne monitoring to improve the precision of conventional method. In addition, discrimination method of gamma rays from Rn-progenies was also utilized to evaluate their effect on aerial radiation monitoring.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.