検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

波長スペクトルアンフォールディングによる放射線源分布測定手法の開発と検証

Development and verification of radiation distribution sensing method based on wavelength spectrum unfolding

寺阪 祐太  ; 渡辺 賢一*; 瓜谷 章*

Terasaka, Yuta; Watanabe, Kenichi*; Uritani, Akira*

光ファイバーを用いた新しい放射線源分布測定手法として、ファイバー始端で観測される発光波長スペクトルのアンフォールディング処理により光ファイバーに沿って一次元的に線源分布を逆推定する「波長分解分析法」の開発を進めている。これまで、UV光および$$^{90}$$Sr/$$^{90}$$Y線源を用いた原理検証試験を通じて本手法により線源分布を逆推定可能であることを実証してきたが、位置分解能や光ファイバーの耐放射線性の点で課題が見つかりつつある。本発表では開発した波長分解分析法の制約について整理するとともに、位置分解能等の課題の解決法について検討する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.