検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

北朝鮮地下核実験対応のためのWSPEEDI-II自動計算システムの移管と運用

Transfer and operation of WSPEEDI-II automatic calculation system for responses to nuclear tests by North Korea

根本 美穂*; 海老根 典也 ; 岡本 明子; 保坂 泰久*; 都築 克紀 ; 寺田 宏明  ; 早川 剛 ; 外川 織彦 

Nemoto, Miho*; Ebine, Noriya; Okamoto, Akiko; Hosaka, Yasuhisa*; Tsuzuki, Katsunori; Terada, Hiroaki; Hayakawa, Tsuyoshi; Togawa, Orihiko

北朝鮮が地下核実験を実施した際には、原子力緊急時支援・研修センター(支援・研修センター)は、原子力規制庁からの要請に基づき、国による対応への支援活動として、原子力基礎工学研究センター(基礎工センター)の協力を得て、WSPEEDI-IIを用いて放射性物質の大気拡散予測計算を実施し、予測結果を原子力規制庁に提出する。本報告書は、北朝鮮地下核実験対応に特化するために基礎工センターで開発され、平成25年(2013年)2月から平成29年(2017年)9月までに実施された3回の地下核実験対応に使用されたWSPEEDI-II自動計算システムの支援・研修センターへの移管と整備について記述する。また、移管・整備した自動計算システムに関するその後の保守と運用について説明するとともに、北朝鮮地下核実験対応における今後の課題について記述する。

When North Korea has carried out nuclear tests, Nuclear Emergency Assistance and Training Center (NEAT) predicts atmospheric dispersion of radionuclides by using the WSPEEDI-II upon requests from Nuclear Regulation Authority (NRA) and submits the predicted results to NRA in cooperation with Nuclear Science and Engineering Center (NSEC). This is a part of the activity of NEAT supporting the Japanese Government in emergency responses. The WSPEEDI-II automatic calculation system specialized for responses to nuclear tests by North Korea was developed by NSEC and was used for responses to three nuclear tests from February 2013 to September 2017. This report describes the transfer and installation of the calculation system to NEAT, and the subsequent maintenance and operation. Future issues for responses to nuclear tests are also described in this report.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.