検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Conductometric study of the radial track etch rate; Free shape analysis

イオントラックエッチ速度の電気伝導度による研究; 自由形状解析

Peng, L.; Apel, P.*; 前川 康成; 吉田 勝

Peng, L.; Apel, P.*; Maekawa, Yasunari; Yoshida, Masaru

化学エッチングによるイオン穿孔膜の作製において、照射ダメージ部に生成する微細孔の孔径増加に比例して、その膜を介した電子伝導度は増加する。これまで、微細孔形状の仮定(シリンダーモデル、ダブルコーンモデルなど)により、電気伝導度変化からそのサイズを求める報告がなされている。今回、微細孔形状を''Rest Flame Model''で表すことにより、あらかじめその形状を仮定する必要のない任意形状モデルで微細孔サイズを求めた。PET膜のエッチング過程の解析より、ダブルコーンモデルでは、エッチング初期において微細孔の孔径を課題評価していることが明らかとなった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:35.26

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.