検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Chemical analysis of transuranium nuclides in the uranium solution of the JCO criticality accident

JCO臨界事故ウラン溶液中の超ウラン核種の化学分析

篠原 伸夫; 河野 信昭; 須山 賢也; 伊奈川 潤; 中原 嘉則; 黒沢 節身; 渡部 和男; 臼田 重和; 大島 真澄; 勝田 博司; 井戸 勝*

Shinohara, Nobuo; Kono, Nobuaki; Suyama, Kenya; Inagawa, Jun; Nakahara, Yoshinori; Kurosawa, Setsumi; Watanabe, Kazuo; Usuda, Shigekazu; Oshima, Masumi; Katsuta, Hiroji; Ido, Masaru*

東海村で起きたJCO臨界事故のウラン溶液を放射化学分析して、$$^{238}$$Uの中性子捕獲反応で生成した$$^{239}$$Np及び$$^{239}$$Puを正確に定量した。測定した原子数比$$^{239}$$Np/$$^{239}$$Puは、臨界事故中の中性子捕獲反応履歴に依存することを見いだし、燃焼計算コードを用いた計算結果と比較した。その結果、事故の初期段階(25分間)の中性子捕獲反応数は全反応数に対して24$$pm$$6%であることが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:77.64

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.