検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis of current after normal transition in a cable-in-conduit conductor

多重撚線内の常電導転移後電流の解析

小泉 徳潔; 安藤 俊就; 高橋 良和; 辻 博史; 島本 進*

Koizumi, Norikiyo; Ando, Toshinari; Takahashi, Yoshikazu; Tsuji, Hiroshi; Shimamoto, Susumu*

電流偏流のために過大な電流を流している超電導性が、常電導転移した後の挙動について解析した。計算で用いたパラメータは、電流偏流による不安定性を示したUS-DPCコイルのそれらを用いた。解析の結果、100m程度の長さを有する導体では、常電導転移後数秒間は、端部の影響がないことがわかった。これは、無限長のモデルを使用できることを示している。無限長モデルでは、電流の計算がより簡易になる。そこで、無限長モデルを、クエンチ・シミュレーションコードとあわせて使用して、解析を行った。解析の結果、常電導伝播が電流減衰に大きな影響を与えることがわかった。また、素線間のコンダクタンスが高い場合に導体は安定になるが、この場合でも、導体としての安定性が低くなければ、電流偏流によってクエンチが起こることが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:75.85

分野:Engineering, Electrical & Electronic

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.