検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 19 件中 1件目~19件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Anomalous ferromagnetic ordering in EuCuP

伊覇 航*; 垣花 将司*; 松田 進弥*; 本多 史憲*; 芳賀 芳範; 竹内 徹也*; 中島 美帆*; 天児 寧*; 郷地 順*; 上床 美也*; et al.

Journal of Alloys and Compounds, 788, p.361 - 366, 2019/06

Ferromagnetic ordering of EuCuP is investigated on a single crystal sample grown from tin flux. Application of hydrostatic pressure up to 8 GPa stabilizes ferromagnetic ordering, suggesting divalent Eu is stable. The Hall effect and resistivity measurements show that EuCuP is a low-carrier ferromagnetic metal with a characteristic resistivity cusp appearing at the ferromagnetic transition temperature.

論文

Effects of magnetic field and pressure on the valence-fluctuating antiferromagnetic compound EuPt$$_2$$Si$$_2$$

竹内 徹也*; 屋良 朝之*; 安次富 洋介*; 伊覇 航*; 垣花 将司*; 中島 美帆*; 天児 寧*; 本多 史憲*; 本間 佳哉*; 青木 大*; et al.

Journal of the Physical Society of Japan, 87(7), p.074709_1 - 074709_14, 2018/07

 被引用回数:2 パーセンタイル:29.91(Physics, Multidisciplinary)

Effects of magnetic field and pressure on the Kondo-like behavior in the valence-fluctuating antiferromagnetic compound EuPt$$_2$$Si$$_2$$ were studied using single-crystalline samples. Anomalous features in EuPt$$_2$$Si$$_2$$ are due to valence fluctuation and/or valence change of the Eu ions at low temperatures.

論文

Recent progress in the energy recovery linac project in Japan

坂中 章悟*; 明本 光生*; 青戸 智浩*; 荒川 大*; 浅岡 聖二*; 榎本 収志*; 福田 茂樹*; 古川 和朗*; 古屋 貴章*; 芳賀 開一*; et al.

Proceedings of 1st International Particle Accelerator Conference (IPAC '10) (Internet), p.2338 - 2340, 2010/05

日本においてERL型放射光源を共同研究チームで提案している。電子銃,超伝導加速空洞などの要素技術開発を進めている。また、ERL技術の実証のためのコンパクトERLの建設も進めている。これら日本におけるERL技術開発の現状について報告する。

論文

High pressure study on uranium heavy fermion compounds with antiferromagnetic ground state

立岩 尚之; 池田 修悟*; 芳賀 芳範; 松田 達磨; 中島 美帆*; 青木 大*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

Journal of Physics; Conference Series, 150, p.042206_1 - 042206_4, 2009/03

 被引用回数:3 パーセンタイル:13.48

重い電子系ウラン反強磁性化合物の超高圧下物性研究の結果を報告する。特にU$$_2$$Zn$$_{17}$$についての結果をおもに報告する。反強磁性転移温度$$T_{rm N}$$の圧力依存性等を高圧下電気抵抗測定を通して調べた。4.7GPaまで転移温度は顕著な圧力変化を示さないが、より高圧側で単調に増大し、8.7GPaでは$$T_{rm N}$$=12.1Kとなった。反強磁性秩序状態における電気抵抗の温度依存性を理論モデルで解析した。反強磁性ギャップの大きさなどを議論する。他の重い電子系ウラン化合物と比較してU$$_2$$Zn$$_{17}$$の電子状態は体積変化に鈍感であることが明らかにされた。

論文

Pressure effect of electrical resistivity and AC specific heat in CePtAl

中島 美帆*; 植田 泰輝*; 清水 克哉*; 中島 弘*; Thamizhavel, A.*; 立岩 尚之; 芳賀 芳範; 辺土 正人*; 上床 美也*; 摂待 力生*; et al.

Journal of Magnetism and Magnetic Materials, 310(2, Part1), p.e9 - e11, 2007/03

キャントした強磁性物質であるCePtAlについてダイヤモンドアンビルセルを用いた高圧下電気抵抗・比熱測定を行った。圧力が増加すると磁気転移温度$$T_{rm C1}$$は単調に増加して8GPa以上で一定値を示す。さらに圧力を加えると転移温度は急激に減少し10.3から10.9GPaまでの狭い圧力範囲で消滅する。磁気臨界点は一次相転移点であると推測される。交流比熱測定でも類似の結果が得られた。

論文

Magnetic and electrical properties in CePtSi$$_{3}$$ without inversion symmetry in the crystal structure

河井 友也*; 奥田 悠介*; 宍戸 寛明*; Thamizhavel, A.*; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 中島 美帆*; 竹内 徹也*; 辺土 正人*; 上床 美也*; et al.

Journal of the Physical Society of Japan, 76(1), p.014710_1 - 014710_6, 2007/01

 被引用回数:13 パーセンタイル:36.04(Physics, Multidisciplinary)

反転中心を持たない化合物CePtSi$$_3$$の単結晶育成に成功した。二つの反強磁性転移を4.8及び2.4Kにおいて見いだした。秩序モーメントはCeあたり1.15$$mu$$$$_{rm B}$$であり、[100]方向を容易軸方向とする。同じ構造で圧力超伝導を示すCeIrSi$$_3$$と比較すると、磁気異方性は似ているが、CePtSi$$_3$$はより強い磁性を示す。

論文

Effect of pressure on the electronic state in antiferromagnets UPt$$_2$$Si$$_2$$ and UIr$$_2$$Si$$_2$$

池田 修悟; 中島 美帆*; 松田 達磨; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 中村 彰夫; 芳賀 芳範; 辺土 正人*; 上床 美也*; 大貫 惇睦*

Journal of the Physical Society of Japan, 75(12), p.125003_1 - 125003_2, 2006/12

 被引用回数:1 パーセンタイル:87.14(Physics, Multidisciplinary)

反強磁性体UPt$$_2$$Si$$_2$$($$T_{rm N}$$=34K)とUIr$$_2$$Si$$_2$$($$T_{rm N}$$=6.3K)に関して、8GPaまでの圧力下電気抵抗測定を行った。UPt$$_2$$Si$$_2$$のネール温度は、圧力の増加とともに緩やかに減少することがわかった。反強磁性が消失する圧力は、約10GPaと推定される。一方、UIr$$_2$$Si$$_2$$のネール温度は、圧力に対してほとんど変化が見受けられなかった。

論文

Thermodynamics Investigation on pressure-induced superconductor CeNiGe$$_3$$ by ac calorimetry

立岩 尚之; 芳賀 芳範; 松田 達磨; 池田 修悟; 中島 美帆*; Thamizhavel, A.*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

Journal of the Physical Society of Japan, 75(Suppl.), p.174 - 176, 2006/08

われわれは重い電子系圧力誘起超伝導物質の研究を熱電対を用いた高圧下交流比熱測定を通して行ってきた。この手法では高精度の測定が可能であり、超伝導転移温度などが精密に決定することができる。本会議では、CePt$$_3$$Si, CeNiGe$$_3$$, UIrなどの圧力誘起超伝導物質についてわれわれの最近の研究結果を報告する。研究の結果得られた圧力相図を示し、これらの物質の磁性と超伝導の関係について議論する。

論文

The dHvA experiment under pressure in UIr

宍戸 寛明*; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 池田 修悟; 中島 美帆*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

Journal of the Physical Society of Japan, 75(Suppl.), p.119 - 120, 2006/08

 被引用回数:13 パーセンタイル:38.01(Physics, Multidisciplinary)

UIrは反転対称性をもたない単斜晶PbBi型の結晶構造をとり、キュリー温度46Kのイジング型強磁性体である。最近、圧力下での電気抵抗,磁化率測定からUIrが圧力誘起超伝導体であることが明らかになった。加圧によりキュリー温度は減少し、キュリー温度が0になってからさらに加圧するとより小さなモーメントの強磁性が出現する。超伝導はこの高圧における強磁性相が消失する2.6GPa近傍のごく狭い圧力範囲で観測された。われわれはこのUIrの純良単結晶育成と加圧下での物性測定結果について報告する。

論文

Anisotropic magnetic properties of Ce$$_2$$Ni$$_3$$Ge$$_5$$ single crystal

Thamizhavel, A.*; 杉谷 一朗*; 大開 美子*; 中島 美帆*; 奥田 悠介*; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 竹内 徹也*; 杉山 清寛*; 摂待 力生*; et al.

Physica B; Condensed Matter, 378-380, p.841 - 842, 2006/05

 パーセンタイル:100(Physics, Condensed Matter)

斜方晶Ce$$_2$$Ni$$_3$$Ge$$_5$$単結晶育成をフラックス法により成功した。電気抵抗率,磁化率,比熱により、Ce$$_2$$Ni$$_3$$Ge$$_5$$異方的な磁性を調べ、2つの相転移点があることを明らかにした。さらに、電気抵抗率及び帯磁率は強い異方性を示すことがわかった。電子比熱係数は、90mJ/K$$^2$$molであることを明らかにした。

論文

Pressure-induced superconductivity of Ce$$_2$$Ni$$_3$$Ge$$_5$$

中島 美帆*; 小原 久典*; Thamizhavel, A.*; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 辺土 正人*; 上床 美也*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

Physica B; Condensed Matter, 378-380, p.402 - 403, 2006/05

 被引用回数:7 パーセンタイル:60.44(Physics, Condensed Matter)

斜方晶Ce$$_2$$Ni$$_3$$Ge$$_5$$は、反強磁性転移を示すが、加圧とともに転移点はゼロに近づき、約4GPaで消失する。この臨界圧力付近で、重い電子状態を観測し、さらに0.26K以下において超伝導状態を見つけた。

論文

Effect of pressure on electronic states in canted ferromagnet CePtAl

植田 泰輝*; 中島 美帆*; 辺土 正人*; 上床 美也*; 中島 弘*; Thamizhavel, A.*; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

Journal of the Physical Society of Japan, 74(12), p.3393 - 3394, 2005/12

 被引用回数:6 パーセンタイル:55.16(Physics, Multidisciplinary)

CePtAlは強磁性体である。この強磁性物質の加圧下における電気抵抗測定を行った。その結果、圧力6GPにおいて測定温度範囲内に転移点は観測されず、秩序転移温度がゼロケルビンに近い値を持っていることがわかった。この圧力5GPaから6GPaにおいて、残留抵抗比や$$T^2$$の係数$$A$$が増強されるなど特異な振る舞いが観測されることがわかった。また、転移温度も突然消失するように見えるため、一次転移である可能性が高い。

論文

Anisotropic magnetic properties of a pressure-induced superconductor Ce$$_2$$Ni$$_3$$Ge$$_5$$

Thamizhavel, A.*; 中島 弘*; 大開 美子*; 中島 美帆*; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 杉山 清寛*; 竹内 徹也*; 摂待 力生*; 萩原 政幸*; et al.

Journal of the Physical Society of Japan, 74(10), p.2843 - 2848, 2005/10

 被引用回数:12 パーセンタイル:38.99(Physics, Multidisciplinary)

フラックス法により、Ce$$_2$$Ni$$_3$$Ge$$_5$$の単結晶育成に成功した。この物質は、圧力によって超伝導状態が誘起される。斜方晶の結晶構造を反映する磁気異方性を持つが、得られた単結晶を用いて、抵抗,比熱,高磁場磁化測定によって詳細な異方性を調べた。二つの反強磁性転移温度を持つことを明らかにし、電子比熱係数も明らかにした。これらの実験をもとに、結晶場のレベルスキームを決めた。

論文

Single crystal growth and fermi surface properties of an antiferromagnet UPdGa$$_5$$

池田 修悟; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 山本 悦嗣; 中島 美帆*; 桐田 伸悟*; 小林 達夫*; 辺土 正人*; 上床 美也*; 山上 浩志*; et al.

Journal of the Physical Society of Japan, 74(8), p.2277 - 2281, 2005/08

 被引用回数:10 パーセンタイル:43.15(Physics, Multidisciplinary)

ガリウムの自己フラックス法により、反強磁性体UPdGa$$_5$$の純良な単結晶を育成することに成功した。ドハース・ファンアルフェン効果測定を行うことにより、この系には、反強磁性体UPtGa$$_5$$とよく似た円柱状フェルミ面が含まれていることがわかった。また加圧下電気抵抗測定により、ネール点が3.1GPaで消失することを明らかにした。つまり加圧によって、3.1GPa以上では、反強磁性から常磁性状態へと変化することがわかった。

論文

Pressure effect on antiferromagnetic ordering in UPb$$_3$$

芳賀 芳範; 山本 悦嗣; 大貫 惇睦; 中島 美帆*; 青木 大*; 大貫 惇睦*; 辺土 正人*; 上床 美也*

Acta Physica Polonica B, 34(2), p.1239 - 1242, 2003/02

UX$$_3$$型ウラン化合物(X=Si, Ge, Sn, Pb)は、パウリ常磁性,スピン揺動,反強磁性と多彩な基底状態をとる。この中で、UPb$$_3$$は、転移温度32Kの反強磁性体であり、低温で大きな電子比熱係数が110mJ/K$$^2$$molを示す重い電子系化合物である。われわれはこの物質について8GPaまでの圧力下で電気抵抗を測定した。ネール温度($$T_{rm N}$$)は、圧力とともに増大し、3GPaで最大となる。その後、加圧とともに減少する。また、われわれは新たに、圧力で誘起された電気抵抗異常を発見した。この転移は$$T_{rm N}$$以下の温度で起こり、電気抵抗の急激な減少を伴う。今回の実験での最大圧力8GPaでも反強磁性は依然として残っており、これが完全に消失する臨界圧力は12GPaと見積られる。

論文

Superconductivity in CeRh$$_{2}$$Si$$_{2}$$ under pressure

荒木 新吾; 中島 美帆*; 摂待 力生*; 小林 達生*; 大貫 惇睦

Acta Physica Polonica B, 34(2, Part1), p.439 - 442, 2003/02

圧力誘起超伝導体である、反強磁性体CeRh$$_{2}$$Si$$_{2}$$の純良単結晶試料の育成に成功し、圧力下での電気抵抗の測定を行った。その結果、多結晶において報告されていた圧力誘起超伝導を、単結晶において初めて観測した。超伝導相は反強磁性が消失する約1GPa近傍の狭い領域のみに存在しており、反強磁性的な磁気ゆらぎが関係していると思われる。低温における電気抵抗はCeRh$$_{2}$$Si$$_{2}$$などの圧力誘起超伝導体でよくみられる非フェルミ液体的挙動は示さず、全ての圧力においてフェルミ液体的な温度依存性を示す。

口頭

重い電子系超伝導物質の高圧下比熱測定による研究

立岩 尚之; 芳賀 芳範; 松田 達磨; 植田 泰輝*; Thamizhavel, A.*; 中島 美帆*; 竹内 徹也*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦; Knebel, G.*; et al.

no journal, , 

私達のグループでは強相関電子系希土類・アクチノイド化合物の高圧研究を行うため、熱電対を用いた高圧下交流比熱測定システムの構築を行ってきた。本講演では私達のシステムを紹介し、重い電子系超伝導物質CePt$$_3$$Siと当研究グループで発見された超伝導物質UIrについての測定例を報告する。両方の物質ともに結晶構造に反転対称性がなく、新規な形の超伝導が実現していると推測されている。CePt$$_3$$Siの反強磁性秩序状態は0.6GPa近辺で消滅するが超伝導相は1.5GPaまで幅広い圧力範囲で存在し、他のCe系圧力誘起超伝導物質と異なる特質が明らかとなった。UIrについては高圧下で複数の強磁性相が存在することが電気抵抗測定から示唆されており、現在比熱測定を通して熱力学的相図の作成を行っている。これについて報告し、磁性と超伝導の関係について議論する。

口頭

Thermodynamics study on the heavy fermion superconductor under high pressure

立岩 尚之; 芳賀 芳範; 松田 達磨; 池田 修悟; 中島 美帆*; Thamizhavel, A.*; 竹内 徹也*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

no journal, , 

高圧下交流比熱測定による重い電子系超伝導の研究について発表する。われわれの熱電対を用いた交流比熱測定は高い精度の測定が可能である。結晶構造に反転対称性のない超伝導物質CePt$$_3$$Siの研究結果について発表する。CePt$$_3$$Siは常圧で2.2Kの反強磁性転移し、0.75Kで超伝導転移する。われわれは圧力相図を作成した。反強磁性転移温度は加圧とともに減少し0.6K近辺の臨界圧力$$P_{rm AF}$$で消滅する。一方、超伝導相は1.5GPaまで幅広い圧力領域に存在することが明らかとなった。電子比熱係数の圧力依存性には、$$P_{rm AF}$$近辺に特異な異常は存在しない。これはCePt$$_3$$Siの超伝導は、量子臨界点近傍で超伝導が誘起されるCeIn$$_3$$などのケースと異なることを示唆する。

口頭

Ce系圧力誘起超伝導の高圧下比熱測定

立岩 尚之; 芳賀 芳範; 松田 達磨; 宍戸 寛明*; 中島 美帆*; 竹内 徹也*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦*

no journal, , 

Ce系重い電子系化合物の圧力誘起超伝導の研究を行うためわれわれは熱電対を用いた高圧下比熱測定を行ってきた。本発表では圧力誘起超伝導CeNiGe$$_3$$を中心にわれわれの研究を紹介する。CeNiGe$$_3$$は常圧で5.2Kの転移温度をもつ反強磁性物質である。加圧とともに転移温度は上昇し3GPa近辺で最大値を示しその後減少する。反強磁性臨界圧力は7GPa近辺である。超伝導は2GPaから10GPaまで観測されている。われわれは単結晶試料を用いて2.1GPa, 2.4GPaで高圧下比熱測定を行った。0.3K近辺に超伝導転移に伴うと推測される比熱異常を観測し、超伝導転移を熱力学的観点から実証した。

19 件中 1件目~19件目を表示
  • 1