検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

制御棒下部案内管(3001,TLG002)の照射後試験

金丸 好行*; 宇留鷲 真一*

PNC-TN9410 88-195, 1 Pages, 1988/02

PNC-TN9410-88-195.pdf:2.35MB

「常陽」MK-I及びMK-2炉心の制御棒下部案内管(3001、TLG002)の健全性確認と使用寿命の推定に資するためのデータを取得する目的で照射試験を実施した。「3001」はSUS316溶体化処理材の保護管と一体型のパッドを溶接付けしている。「TLG002」は耐スエリング性を向上するため20%冷間加工を施したSUS316相当鋼の保護管にSUS316溶体化処理材の1体型パッドが溶接付けしてある。「3001」の照射履歴はMK-I50MW第0サイクルからMK-250MW第12´サイクルまで使用された。「TLG002」の照射履歴はMK-2100MW出力上昇サイクルから第12´サイクルまで使用された。本試験結果は以下のとおりである。(1)「3001」の保護管は損傷、変形、特異な変色及びパッド溶接部にはカケ、割れは認められず健全であったが、パッド薄肉部の一部に盛上った変形が認められた。(2)「TLG002」の保護管及びパッド溶接部に損傷、変形、特異な変色は認められず健全であった。

報告書

「常陽」MK-IIC型特殊燃料集合体(PFC020)の照射後試験(1)

永峯 剛*; 宇留鷲 真一*; 金丸 好行*; 森本 靖之*; 田地 弘勝*

PNC-TN9410 88-189, 1 Pages, 1988/02

PNC-TN9410-88-189.pdf:2.94MB

「常陽」MK-2C型特殊燃料集合体「PFC020」の照射後試験を実施した。本集合体は、高速増殖原型炉「もんじゅ」の低燃焼度炉心でもっとも厳しい照射条件(燃料要素最大線出力350W/㎝、被覆管最高温度640$$^{circ}C$$)を満足するように照射された供試体である。照射後試験目的は、燃料要素の健全性及びウエアマーク発生の有無の確認、燃料ピンバンドルの健全性の確認並びに、被覆材(K、S材)の照射挙動の調査である。本試験の結果は下記の通りである。(1)燃料要素は損傷、変形、変色等が認められず健全であり、炉内照射挙動も正常と推定され、燃料製造の妥当性が確認された。(2)被覆管表面に接触跡が観察された。この接触跡はウエア・マークと類似したものであるが、非破壊試験では接触跡の深さが不明であり、ウエアマークと断定することはできない。(3)燃料ピンバンドル状態は、ピン配列の乱れ、脱落等は認められず、「もんじゅ」型ピン支持構造を含め、ピンバンドルとしての健全性が確認された。(4)被覆材の照射挙動は、K材S材共に外径寸法変化は認められず、スエリングは生じていないと推定される。

報告書

「常陽」MK-II計測線付C型特殊燃料集合体(PFI010)の照射後試験; 集合体及び燃料要素の非破壊試験

西野入 賢治*; 平澤 久夫*; 宇留鷲 真一*; 長谷川 正泰*

PNC-TN9410 88-190, 1 Pages, 1988/01

PNC-TN9410-88-190.pdf:2.88MB

計測線付C型特殊燃料集合体(PFI010)の健全性確認及び照射中に計測したデータの精度確認に資するためのデータ取得を目的に照射後試験を実施した。試験は、集合体外観検査を始めとする集合体試験及び$$gamma$$スキャン、パンクチャ等燃料ピン試験である。本集合体は、100MW定格出力第8サイクルから第12■サイクルまで照射され、集合体平均燃焼度32400MWd/tである。本試験により以下の結果を得た。1. 集合体及びピン表面に傷、付着物等の異常は観られなかったが、ピンの外れ、ノックバーの変形、計測線の曲りが観察された。2. 計測線及び計測機器の外観検査の結果、冷却材温度測定用熱電対とラッピングワイヤとの接合部及び電磁流量計部には、傷及び変形はなく健全であることを確認した。又、パンクチャ試験結果において、照射中のFPガス圧計測データ(約2520 Torr-STP)と照射後の測定データ(約2543 Torr-STP)とが良く一致したことから、FPガス圧力計は正常に作動していたと判断できる。

報告書

計測線付燃料集合体(INTA)の燃料ピン計装技術の開発(1) 燃料ピン中心温度測定用センサーの開発

山口 俊弘*; 堀井 信一*; 鹿島 貞光*; 長井 修一朗; 金子 洋光; 瀬谷 道夫*; 宇留鷲 真一*

PNC-TN841 82-25, 74 Pages, 1982/03

PNC-TN841-82-25.pdf:2.03MB

「常陽」MK-II INTA(計測線付燃料集合体)照射に用いる燃料中心温度センサー(FCTMS)の開発と,このセンサーを燃料ピンに組込む技術の開発を行った。また,FCTMSに使用する部材の"常陽"MK-IIへの使用の可否を判断するために,炉外試験およびJRR-2を用いた照射試験を実施した。さらにこれらのデータをもとに各々の試験について評価・解析を行った。その結果から,次のような事が得られた。1. プル燃部で開発した,FCTMS内気密端子の構造および性能について十分"常陽"MK-IIに使用できるものである。2. ただし,熱電対の熱起電力の信頼性は,今回の実験からでは判断できなかった。しかし今後における熱電対のR&Dの方向が明確になった。3. FCTMSの組立ておよびFCTMSの燃料ピンへの組込み技術については,技術確立の見通しがついた。本報告書は,以上の結論の詳細について,実験データとその評価も含めて報告し,第2段階の計装技術開発に役立たせる目的で作成した。

報告書

ラッパ管耐衝撃試験 常陽燃料集合体

青木 利昌*; 水田 浩; 大竹 俊英*; 工藤 祐幸*; 平沢 正義; 高橋 三郎*; 宇留鷲 真一*

PNC-TN841 75-03, 203 Pages, 1975/01

PNC-TN841-75-03.pdf:8.62MB

溶融燃料と冷却材との熱的作用によって発生する機械的エネルギを火薬によって模擬し,常陽燃料集合体を模擬したラッパ管の変形量を単体,7体について調べた。本試験は原子力安全研究協会を通して,高速実験が耐衝撃構造試験の一連の試験の一つとして1971年9月30日からl0月15日まで大分市の旭化成板ノ市工場久土作業場で行ったものである。

論文

照射後試験施設における「常陽」照射リグの継続照射技術の確立

宇留鷲 真一; 西野入 賢治; 永峯 剛; 原田 守; 新谷 聖法; 松島 英哉

動燃技報, -(74), 80 Pages, 

長寿命燃料や高性能炉心材料の照射後試験においては,目標照射量に至るまでの中間時点で原子炉から取出し,中間検査によって照射途中での挙動データを継続的に取得することが,燃料や材料の照射挙動評価を行う上で重要である。この観点から,昭和43年より「常陽」を利用した継続照射を実現するため,遠隔操作により解体・再組立の可能な照射リグをはじめ中間検査技術および炉内再装荷技術の開発を進めてきた。本報告では,これらの継続照射技術開発の成果について紹介する。

論文

Fablication of FBR Fuel Shipping Cask for Post-Irradiation Examination(高速増殖原型炉"もんじゅ"照射後試験用輸送容器(PIE-SA型)の製作

宇留鷲 真一; 岩永 繁; 宇佐美 正行; 北井 善隆

PATRAM'95, , 

高速増殖原型炉「もんじゅ」において照射された燃料集合体を大洗工学センターの大型照射後試験施設に輸送するための輸送容器の開発を進めている。 このため、本開発作業の一環として、多種類の収納物輸送が可能な輸送容器の安全解析を行い、国の承認可作業を経て輸送容器(2基)の製作に着手しこの度完成した。 本件は、安全解析及び輸送容器の製作状況に関するものである。 (1)安全解析 収納物の仕様は以下の通りである。 1.燃料集合体以外に制御棒やサーベランス集合体などの核燃料物質では ない照射後炉心構成要素も収納物に含める。 2.異なる種類の集合体の混載を可能とする。

7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1