検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 12 件中 1件目~12件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

$$^{125}$$Te-NMR study on a single crystal of heavy fermion superconductor UTe$$_2$$

徳永 陽; 酒井 宏典; 神戸 振作; 服部 泰佑; 比嘉 野乃花; 仲嶺 元輝*; 北川 俊作*; 石田 憲二*; 仲村 愛*; 清水 悠晴*; et al.

Journal of the Physical Society of Japan, 88(7), p.073701_1 - 073701_4, 2019/07

最近新たに発見された重い電子系超伝導体UTe$$_2$$$$^{125}$$Te-NMRによる研究について報告する。単結晶試料を用い$$^{125}$$Te-NMRのKnight shift $$K$$およびスピン-格子緩和率$$1/T_1$$の測定を行なった。その結果、20K以上の常磁性相において静的および動的帯磁率のどちらもが弱いIsing型の異方性を持つことを確認した。一方、20K以下の低温ではa軸方向に磁場をかけた場合にスピン-スピン緩和率$$1/T_2$$の強い発散が見られることがわかった。このことは低温でa軸方向に強い縦型のスピン揺らぎが発達していることを示唆している。

論文

High-field phase diagram of the heavy-fermion metal CeIn$$_3$$; Pulsed-field NMR study on single crystals up to 56 T

徳永 陽; Orlova, A.*; Bruyant, N.*; 青木 大*; Mayaffre, H.*; Kr$"a$mer, S.*; Julien, M.-H.*; Berthier, C.*; Horvati$'c$, M.*; 比嘉 野乃花; et al.

Physical Review B, 99(8), p.085142_1 - 085142_5, 2019/02

 パーセンタイル:100(Materials Science, Multidisciplinary)

CeIn$$_3$$は正方晶の結晶構造を持ち、圧力下で反強磁性秩序が抑えられ、同時にその近傍で超伝導が出現する代表的な重い電子系超伝導体の一つである。本研究ではパルス強磁場NMRを用いて、強磁場下で出現する磁場誘起量子臨界点近傍の電子状態の微視的研究を行った。その結果、45テスラ以上の磁場領域においても基本的な磁気構造には変化がないことが微視的観点から初めて確認された。

論文

Odd-parity electronic multipolar ordering in URu$$_2$$Si$$_2$$; Conclusions from Si and Ru NMR measurements

神戸 振作; 徳永 陽; 酒井 宏典; 服部 泰佑; 比嘉 野乃花; 松田 達磨*; 芳賀 芳範; Walstedt, R. E.*; 播磨 尚朝*

Physical Review B, 97(23), p.235142_1 - 235142_10, 2018/06

 被引用回数:4 パーセンタイル:25.37(Materials Science, Multidisciplinary)

We report $$^{29}$$Si and $$^{101}$$Ru NMR measurements on high-quality, single-crystal URu$$_2$$Si$$_2$$ samples with a residual resistivity ratio RRR$$sim$$70. Our results show that the Si and Ru sites exhibit 4-fold electronic symmetry around the $$c$$-axis in the hidden-order state. A previously observed 2-fold contribution of Si NMR linewidth is concluded to be due to extrinsic magnetic centers. Since the U and Si sites are aligned along the $$c$$-axis, we conclude further that the electronic state shows 4-fold symmetry around the U site below the hidden-order transition. From this observed local symmetry, possible space groups for the hidden-order state are $$P4/nnc$$ or $$I4/m$$, based on group theoretical considerations. Since the order vector is considered to be $$Q=(001)$$, the hidden-order state is then found to be $$P4/nnc$$ with rank 5 odd-parity, i.e. electric dotriacontapolar order.

口頭

Ce$$_3$$PtIn$$_11$$のNMR

神戸 振作; 徳永 陽; 酒井 宏典; 服部 泰佑; 比嘉 野乃花; Uhlirova, K.*; Custers, J.*

no journal, , 

Ce$$_3$$PtIn$$_11$$のIn-NQR測定を行った。4つあるInサイトのうち、少なくとも2つのサイトの同定に成功した。スピン格子緩和時間の温度依存測定を行なった。超伝導状態では。スピン格子緩和時間の強い温度依存があった。超伝導対称性について議論する。

口頭

NQR/NMR study of Zn-doped CeCoIn$$_5$$

酒井 宏典; 服部 泰佑; 比嘉 野乃花; 徳永 陽; 神戸 振作; Ronning, F.*; Zhu, J.-X.*; 鈴木 康平*; 大島 佳樹*; 横山 淳*

no journal, , 

微視的に量子臨界金属CeCoIn$$_5$$の非磁性元素置換効果を調べるために核四重極共鳴(NQR)法を用いた。CdやZnの置換で長距離反強磁性秩序が誘起される。核磁気緩和率$$1/T_1$$測定により、置換子周りの不均一な電子状態を明らかにした。講演では、Zn置換系の結果を示しながら、本系の超伝導と反強磁性秩序の共存についても議論する。

口頭

$$^{33}$$S-NMR study in $$beta$$-US$$_2$$

酒井 宏典; 服部 泰佑; 比嘉 野乃花; 徳永 陽; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 神戸 振作; Reyes, A. P.*; Bauer, E. D.*; et al.

no journal, , 

$$beta$$-US$$_2$$は常磁性のナローギャップ半導体である。本化合物の特徴は、外部磁場に強く反応する電気抵抗率である。他方、1GPa程度の圧力で強磁性が誘起されるため、強磁性不安定性をもつと考えられる。微視的に電子状態を調べるため、$$^{33}$$S核NMRを行った。講演では、最近の実験結果を示して、本系の電子状態について議論したい。

口頭

EuPtSiのNMRによる研究

比嘉 野乃花; 徳永 陽; 服部 泰佑; 酒井 宏典; 神戸 振作

no journal, , 

EuPtSiにおいて、Euの電子に由来した強い磁性と共に、ホール抵抗率の測定に跳びが観測され、スキルミオン物質MnSiと同様のA相の存在が示唆されている。さらに、EuPtSiのA相は従来のスキルミオンには無かった異方性を持つことが報告されている。EuPtSiの巨大磁気スキルミオンと、その異方性について明らかにするため、NMRを用いた研究を行っている。

口頭

ナローギャップ半導体$$beta$$-US$$_2$$$$^{33}$$S-NMR

酒井 宏典; 比嘉 野乃花; 服部 泰佑; 徳永 陽; 神戸 振作; 立岩 尚之; 芳賀 芳範; Rossa, P. F. S.*; Thompson, J. D.*; Ronning, F.*; et al.

no journal, , 

$$beta$$-US$$_2$$はナローギャップ半導体として知られており、異方的な巨大磁気抵抗を示す。本系の微視的な磁気情報を得るため、$$^{33}$$S核NMRを行った。当日は、最近得られてきた実験結果について示して、本系の磁気特性等について議論したい。

口頭

反強磁性超伝導体Ce$$_3$$PtIn$$_11$$のNMR研究II

神戸 振作; 徳永 陽; 酒井 宏典; 服部 泰佑; 比嘉 野乃花; Kratochvilova, M.*; Uhlirova, K.*; Custers, J.*

no journal, , 

Ce$$_3$$PtIn$$_11$$のIn-NQRを測定した。4つの異なるInサイトのうち少なくとも2つのサイトを同定した。スピン格子緩和時間の温度依存を議論する。前回に比べて、今回は反強磁性転移付近の物性を議論する。

口頭

強相関$$f$$電子系化合物URu$$_2$$Si$$_2$$に置ける強磁場下の磁気揺らぎ

酒井 宏典; 比嘉 野乃花; 服部 泰佑; 徳永 陽; 芳賀 芳範; 神戸 振作; 後藤 貴行*; 平田 倫啓*; 淡路 智*; 佐々木 孝彦*

no journal, , 

強相関$$5f$$電子系のウラン化合物URu$$_2$$Si$$_2$$の単結晶を用いて、$$c$$軸方向に外部磁場を約24Tをかけて、$$^{29}$$Si核磁気共鳴(NMR)観測を行った。常磁性状態におけるNMRシフトの温度依存性は、外部磁場依存することがわかった。この磁場依存性は、パルス磁場で測定された帯磁率の磁場依存性に似ている。

口頭

EuPtSiのNMRによる研究,2

比嘉 野乃花; 徳永 陽; 服部 泰佑; 酒井 宏典; 神戸 振作

no journal, , 

EuPtSiではスキルミオン物質MnSiと同様のA相の存在が示唆されており、希土類元素を含んだ初めてのスキルミオン物質として期待されている。しかし、EuPtSiのA相は従来のスキルミオンには無かった異方性を持つことが報告されている。EuPtSiの巨大磁気スキルミオンと、その異方性について明らかにするため、NMRを用いた研究を行っている。

口頭

NMRで見たURhSnの二つの相転移

徳永 陽; 清水 悠晴*; Maurya, A.*; 本多 史憲*; 仲村 愛*; 佐藤 芳樹*; Li, D.*; 本間 佳哉*; 青木 大*; 比嘉 野乃花; et al.

no journal, , 

ウラン化合物URhSnは、UCoAlやURhAlと同じ六方晶ZrNiAl型の結晶構造を持つ。54Kと18Kで2つの相転移を示し、このうち18Kの相転移は強磁性転移である。強磁性相は強いIsing型の異方性を持ち、Uの磁気双極子モーメントは[0001]方向に向いている。一方、54Kの相転移については未だ起源が明らかになっていない。比熱では明確なピークが観測されるにも関わらず、中性子散乱やメスバウアー分光といった微視的実験では、Uモーメントの磁気的秩序は観測されていない。このため高次の多極子秩序の可能性も議論されている。最近では良質な単結晶の育成も可能となり、さらに高圧下の実験も進められている。本講演では我々が単結晶を用いて行なったSn-NMRの結果について報告する。

12 件中 1件目~12件目を表示
  • 1