検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Estimation of air dose rate using measurement results of monitoring posts in Fukushima Prefecture

関 暁之; 真弓 明恵; Wainwright-Murakami, Haruko*; 斎藤 公明; 武宮 博; 井戸村 泰宏

Proceedings of Joint International Conference on Supercomputing in Nuclear Applications + Monte Carlo 2020 (SNA + MC 2020), p.158 - 164, 2020/10

空間線量率の時間変化を近くのモニタリングポストの測定結果を使って推定する手法を開発した。この手法は、対象地点のわずかな測定値と近くのモニタリングポストの高頻度な測定値から観測モデルを設定し、階層ベイズモデルによって推定するものである。この手法の妥当性を福島県内のモニタリングポストを対象に調査したところ、ほぼ全ての対象地点において誤差が10%以内で推定することができた。

論文

Optimizing long-term monitoring of radiation air-dose rates after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant

Sun, D.*; Wainwright-Murakami, Haruko*; Oroza, C. A.*; 関 暁之; 三上 智; 武宮 博; 斎藤 公明

Journal of Environmental Radioactivity, 220-221, p.106281_1 - 106281_8, 2020/09

 被引用回数:6 パーセンタイル:54.31(Environmental Sciences)

空間線量率をモニタリングする地点を最適化するための方法論を開発した。この方法では、ガウス混合モデルを使用して、標高や土地被覆のタイプなどの環境を表す複数の値をもとに代表的な場所を特定した。次に、ガウスプロセスモデルを使用して、対象領域全体の空間線量率の不均一性を推定した。この方法により、空間線量率の不均一性を最小限の数のモニタリング地点で把握することができることを示した。

論文

Summary of temporal changes in air dose rates and radionuclide deposition densities in the 80 km zone over five years after the Fukushima Nuclear Power Plant accident

斎藤 公明; 三上 智; 安藤 真樹; 松田 規宏; 木名瀬 栄; 津田 修一; 吉田 忠義; 佐藤 哲朗*; 関 暁之; 山本 英明*; et al.

Journal of Environmental Radioactivity, 210, p.105878_1 - 105878_12, 2019/12

 被引用回数:23 パーセンタイル:84.57(Environmental Sciences)

We summarized temporal changes in air dose rates and radionuclide deposition densities over five years in the 80 km zone based on large-scale environmental monitoring data obtained continuously after the Fukushima Nuclear Power Plant (NPP) accident. The air dose rates in environments associated with human lives decreased at a considerably faster rate than expected for radioactive decay. The average air dose rate originating from the radiocesium deposited in the 80 km zone was lower than that predicted from radioactive decay by a factor of 2-3 at five years after the accident. The causes of this rapid reduction were discussed quantitatively considering the characteristics of radiocesium migration in the environment.

論文

Temporal change in radiological environments on land after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident

斎藤 公明; 三上 智; 安藤 真樹; 松田 規宏; 木名瀬 栄; 津田 修一; 佐藤 哲朗*; 関 暁之; 眞田 幸尚; Wainwright-Murakami, Haruko*; et al.

Journal of Radiation Protection and Research, 44(4), p.128 - 148, 2019/12

Massive environmental monitoring has been conducted continuously after the Fukushima accident with different monitoring methods having different features together with migration studies of radiocesium in diverse environments. At three months after the accident, multiple radionuclides were detected at many places; while it was confirmed that radiocesium was most important from the viewpoint of long-term exposures. The air dose rates in environments related to human living have decreased faster than expected from radioactive decay by a factor of 2-3 on average. An empirical model for predicting air dose rate distribution was developed based on statistical analysis of massive car-borne survey data. Some trials were performed to integrate different types of contamination maps to obtain an integrated map of better quantity. Annual external exposure doses for residents who would return to their home were estimated to less than a few mSv as a whole. The environmental data and knowledge have been provided for diverse-spectrum of people in different ways.

論文

Development of geologic repository models for design and decision making

村上 冶子*; Ahn, J.*

Proceedings of 16th Pacific Basin Nuclear Conference (PBNC-16) (CD-ROM), 6 Pages, 2008/10

This paper presents a new radionuclide transport model for performance assessment and design of a geologic repository for high-level radioactive wastes. The model applies compartmentalization and a Markov-chain approach. A model space consists of an array of compartments, among which radionuclide transport is described by a transition probability matrix. While the model is similar to Eulerian methods, the advantages of this approach are considered in flexibility in including various types of transport processes by probabilistic interpretation. We demonstrate this model approach with a hypothetical repository assumed in porous rock formation. A three-dimensional, non-uniform groundwater flow field is generated numerically by the finite element method. The transition probability matrix is constructed based on the velocity field and hydraulic dispersion coefficients. The results show that this transport model can effectively show differences in repository performance due to the change of hydraulic properties in the domain for differing repository configurations and material degradation.

口頭

放射性物質モニタリングデータベースの現状

関 暁之; 鈴木 健太; 高橋 義知; 松原 武史; 首藤 重雄; 斎藤 公明; 武宮 博; 村上 冶子*

no journal, , 

福島第一原子力発電所事故以来、多くの環境モニタリング調査が行われており、これら調査によって得られた測定データは、放射性物質の分布状況の把握や将来予測に不可欠なデータであり、長期にわたり保存されるべき貴重なデータである。しかしながら、これら測定データは、各実施機関の目的にあわせて主にPDFによる独自の形式で公開されており、かつ、各実施機関により独立なサイトで公開しているため、ユーザが利活用しにくい状況だった。そこで、これら測定データを利活用しやすい統一した形式にまとめ、同じシステムからのデータ取得を可能とした環境モニタリングデータベースを構築した。さらに、このデータベースは数値情報だけでなく、ユーザのニーズに合わせてモニタニング情報を分かり易く可視化して情報を公開した。

口頭

福島における放射性物質の分布状況調査,5; 福島における環境モニタリング結果の時間的変化

関 暁之; 村上 冶子*; 斎藤 公明; 武宮 博

no journal, , 

福島第一原子力発電所事故から6年が経過し、多数の環境モニタリング結果が「放射性物質モニタリングデータの情報公開サイト」で公開されている。これらのデータは各々の目的にあわせて時間・空間・精度等に特徴がある。それら複数の環境モニタリング結果を時間的に統合することで、事故後から現在に至るまでの空間線量率を予測する手法を検討した。

口頭

福島県におけるモニタリングポストの測定結果の時間的統合

関 暁之; 村上 冶子*; 斎藤 公明; 武宮 博

no journal, , 

原子力規制庁が設置しているモニタリングポストでは、時間的に頻度の高い空間線量率測定を行っており、福島第一原発事故から8年が経過したことで、大量のデータが蓄積されている。それら複数のモニタリングポストの結果を時間的に統合することで、モニタリングポストの最適化を支援するデータを抽出する。具体的には、複数のモニタリングポストによる空間線量率測定結果の組に対し、階層ベイズモデルを用いて時間的統合を行うことで、一方のモニタリングポストの空間線量率測定結果の推定を実施した。1km圏内の多くのモニタリングポストの組において、統計的に最も信頼がおける空間線量率の推定結果、および、その信頼区間が得られた。

口頭

福島における放射性物質分布調査,16; 福島県におけるモニタリングポストの測定結果の時間的統合

関 暁之; 真弓 明恵; 村上 冶子*; 斎藤 公明; 武宮 博; 井戸村 泰宏

no journal, , 

測定頻度の少ない空間線量率の結果に対し、測定頻度の多いモニタリングポスト(以下、MP)による結果と階層ベイズモデルを用いて時間的統合を行い、時間的に連続な空間線量率を推定する。今回は、この推定の精度を向上するため、スクリーニングプログラムを用いて、異常値を含んだMPの測定結果を機械的に排除した。そのうえで、二成分モデル等の他の手法による推定と比較し、本手法の妥当性を検証した。

口頭

Optimizing long-term monitoring of radiation air dose rates near the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant

村上 冶子*; Sun, D.*; Oroza, C.*; 関 暁之; 三上 智; 武宮 博; 斎藤 公明

no journal, , 

本研究では、空間線量率のモニタリングの場所を最適化するための手法を開発している。それは、(1)セシウムの移動と分布に影響を与えることが知られている環境の条件にあわせてモニタリングの場所を変化させるためのガウス混合モデル、および(2)領域全体の空間線量率の不均一性を捉えるためのガウス過程モデルに基づいている。

口頭

Bayesian hierarchical methods for spatiotemporal integration of radiation air dose rates

村上 冶子*; Sun, D.*; 関 暁之; 武宮 博; 斎藤 公明

no journal, , 

この研究では、複数のタイプの線量率の測定値を統合し、福島第一原子力発電所周辺の線量率の時空間分布を推定する階層ベイズ法を紹介する。この方法は、隣接するモニタリングポストデータに基づいて空間的に相関する対数線形の減衰傾向と空間線量率の変動を分離することにより、線量率の時間的変化を組み込んでいる。

11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1