検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Research on hydrogen safety technology utilizing the automotive catalyst

大野 瞳*; 竹中 啓恭*; 喜多 知輝*; 谷口 昌司*; 松村 大樹; 西畑 保雄; 日野 竜太郎; Reinecke, E.-A.*; 高瀬 和之*; 田中 裕久*

E-Journal of Advanced Maintenance (Internet), 11(1), p.40 - 45, 2019/05

Safety management technology of hydrogen gas is extremely important not only for nuclear power generation but also for future society. A brand-new passive autocatalytic recombiner (PAR) system utilizing the monolithic "intelligent catalyst" has been studied for the long-term storage of high-concentration radioactive materials related to the decommissioning of nuclear reactors. The monolith-type automotive catalyst showed high hydrogen conversion activity from a room temperature in a large scale reactor of REKO-4. It became clear that natural convection by reaction is greatly improved by roughening the cell density of the monolith catalyst especially under static environmental conditions such as in a storage container. Taking advantage of this superior catalytic property, we aim to complete the safety technology for storage containers at an early stage and advance the development of highly active catalyst from further low temperature.

口頭

Verification benchmark analysis of structural reliability evaluation codes for fast reactor components

高屋 茂; 佐々木 直人*; 岡本 年樹*; 町田 秀夫*

no journal, , 

独立に開発された二つの高速炉機器の信頼性評価コード(REAL-P及びGENPEP)の検証ベンチマーク解析を実施した。具体的には、炉心上部機構について、クリープ疲労損傷による亀裂発生年数について決定論的手法及び確率論的手法を用いた評価を実施し、二つのコードの結果の比較を行った。評価手順については、日本機械学会の「高速炉機器の信頼性評価ガイドライン」に従った。決定論的手法及び確率論的手法を用いた評価いずれについても、二つの信頼性評価コードで得られた結果は良く一致し、これら信頼性評価コードが「高速炉機器の信頼性評価ガイドライン」に従った評価が可能なように適切に開発されていることが示された。

口頭

Current R&D activities of JAEA/CLADS on decommissioning of 1F

茶谷 恵治

no journal, , 

原子力機構は、2015年に廃炉国際共同研究センターを設置し、東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所の廃炉に係る研究開発及び人材育成に係る取組を国、産業界と連携して進めている。ここでは、研究開発の取組として、廃炉のリスク管理、炉内状況把握と燃料デブリの性状把握、遠隔技術及び廃棄物処理処分に係る研究開発の概況を紹介する。

口頭

Laser based maintenance technologies and a heat storage power station

西村 昭彦; 若井田 育夫; 岡崎 徹*; 安濃田 良成*

no journal, , 

原子力機構ではレーザーを基盤技術とした高速炉の安全性向上に有用な技術を開発してきた。技術には、複合型光ファイバを用いた伝熱管内壁検査補修技術をはじめ、燃料デブリの組成分析のためのレーザー誘起プラズマ分光技術、及びピコ秒レーザー微細加工による耐熱歪計測センサーによる配管の歪モニタリング等がある。これらの技術を導入する対象として、溶融塩による蓄熱発電所を取り上げ紹介する。

口頭

Applicability of ultrasonic-wave based method for integrity assessment of concrete severely damaged by heat

Nhut, V. L.*; 村上 健太*; Do, Thi Mai Dung*; 鈴木 雅秀*; 山田 知典; 柴田 卓弥; 大道 博行*

no journal, , 

福島第一原子力発電所の廃止措置では、過酷事故を受けたコンクリート構造物の長期健全性が重要である。構造物の健全性評価では、超音波法のように対象物に超音波を発生させ、その伝播時間から内部の情報を取得する技術がある。本研究では、特に熱により損傷したコンクリート構造物を対象とし、超音波法を用いた基礎データの取得から、その適用可能性を評価した。

5 件中 1件目~5件目を表示
  • 1