検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Shell structure of even-even nickel isotopes containing twenty to forty neutrons

Bespalova, O. V.*; Boboshin, I. N.*; Varlamov, V. V.*; Ermakova, T. A.*; Ishkhanov, B. S.*; Klimochkina, A. A.*; Komarov, S. Yu.*; 小浦 寛之; Romanovsky, E. A.*; Spasskaya, T. I.*

Physics of Atomic Nuclei, 74(11), p.1521 - 1536, 2011/11

 被引用回数:5 パーセンタイル:55.3(Physics, Nuclear)

中性子数が20から40に渡るニッケル偶偶核の殻構造を解析し、その結果を示す。大域的模型である小浦-山田ポテンシャル(2000年作成)及び核種ごとにパラメータを定める分散光学ポテンシャルを用いて陽子及び中性子の単一粒子エネルギーを計算し、直接実験値及び間接実験評価値との詳細な比較がなされた。小浦-山田ポテンシャルはニッケル同位体の単一粒子準位の系統性をよく予言・再現し、この領域の準閉殻構造の性質を解析するのにも有効であることがわかった。

論文

Measurement and simulation of the cross sections for nuclide production in $$^{56}$$Fe and $$^{rm nat}$$Cr targets irradiated with 0.04- to 2.6-GeV protons

Titarenko, Yu. E.*; Batyaev, V. F.*; Titarenko, A. Yu.*; Butko, M. A.*; Pavlov, K. V.*; Florya, S. N.*; Tikhonov, R. S.*; Zhivun, V. M.*; Ignatyuk, A. V.*; Mashnik, S. G.*; et al.

Physics of Atomic Nuclei, 74(4), p.523 - 536, 2011/04

 被引用回数:8 パーセンタイル:42.04(Physics, Nuclear)

0.04から2.6GeVのエネルギーを持つ陽子を$$^{56}$$Fe及び$$^{rm nat}$$Crの厚いターゲットに入射した場合の核種生成断面積を、2台の$$gamma$$スペクトロメータを用いて測定した。これらのスペクトロメータは1332keVの$$gamma$$線に対してそれぞれ1.8と1.7keVの解像度を有する。実験の結果649の生成核種が同定された。$$^{27}$$Al($$p$$,$$x$$)$$^{22}$$Na反応をモニター反応として利用した。実験データをMCNPX(BERTINI, ISABELモデル), CEM03.02, INCL4.2, INCL4.5, PHITS、及び、CASCADE07コードの計算結果と比較した。

論文

Measurement and simulation of the cross sections for nuclide production in $$^{93}$$Nb and $$^{rm nat}$$Ni targets irradiated with 0.04- to 2.6-GeV protons

Titarenko, Yu. E.*; Batyaev, V. F.*; Titarenko, A. Yu.*; Butko, M. A.*; Pavlov, K. V.*; Florya, S. N.*; Tikhonov, R. S.*; Zhivun, V. M.*; Ignatyuk, A. V.*; Mashnik, S. G.*; et al.

Physics of Atomic Nuclei, 74(4), p.537 - 550, 2011/04

 被引用回数:13 パーセンタイル:28.41(Physics, Nuclear)

0.04から2.6GeVのエネルギーを持つ陽子を$$^{93}$$Nb及び$$^{rm nat}$$Niの厚いターゲットに入射した場合の核種生成断面積を、2台の$$gamma$$スペクトロメータを用いて測定した。これらのスペクトロメータは1332keVの$$gamma$$線に対してそれぞれ1.8と1.7keVの解像度を有する。実験の結果1112の生成核種が同定された。$$^{27}$$Al($$p$$,$$x$$)$$^{22}$$Na反応をモニター反応として利用した。実験データをMCNPX(BERTINI, ISABELモデル), CEM03.02, INCL4.2, INCL4.5, PHITS、及び、CASCADE07コードの計算結果と比較した。

論文

Measurement and simulation of the cross sections for nuclide production in $$^{rm nat}$$W and $$^{181}$$Ta targets irradiated with 0.04- to 2.6-GeV protons

Titarenko, Yu. E.*; Batyaev, V. F.*; Titarenko, A. Yu.*; Butko, M. A.*; Pavlov, K. V.*; Florya, S. N.*; Tikhonov, R. S.*; Zhivun, V. M.*; Ignatyuk, A. V.*; Mashnik, S. G.*; et al.

Physics of Atomic Nuclei, 74(4), p.551 - 572, 2011/04

 被引用回数:17 パーセンタイル:21.46(Physics, Nuclear)

0.04から2.6GeVのエネルギーを持つ陽子を$$^{rm nat}$$W及び$$^{181}$$Taの厚いターゲットに入射した場合の核種生成断面積を、2台の$$gamma$$スペクトロメータを用いて測定した。これらのスペクトロメータは1332keVの$$gamma$$線に対してそれぞれ1.8と1.7keVの解像度を有する。実験の結果1895の生成核種が同定された。$$^{27}$$Al($$p$$,$$x$$)$$^{22}$$Na反応をモニター反応として利用した。実験データをMCNPX(BERTINI, ISABELモデル), CEM03.02, INCL4.2, INCL4.5, PHITS、及び、CASCADE07コードの計算結果と比較した。

論文

Measurement and simulation of the cross sections for the production of $$^{148}$$Gd in thin $$^{rm nat}$$W and $$^{181}$$Ta targets irradiated with 0.4- to 2.6-GeV protons

Titarenko, Yu. E.*; Batyaev, V. F.*; Titarenko, A. Yu.*; Butko, M. A.*; Pavlov, K. V.*; Florya, S. N.*; Tikhonov, R. S.*; Zhivun, V. M.*; Ignatyuk, A. V.*; Mashnik, S. G.*; et al.

Physics of Atomic Nuclei, 74(4), p.573 - 579, 2011/04

 被引用回数:5 パーセンタイル:55.3(Physics, Nuclear)

ITEP複合加速器施設において、0.4, 0.6, 0.8, 1.2, 1.6、及び、2.6GeVのエネルギーを持つ陽子を$$^{rm nat}$$W及び$$^{181}$$Taの厚いターゲットに入射した場合の$$^{148}$$Gd生成断面積を、$$alpha$$スペクトロメータを用いて測定した。得られた実験データを他施設の実験結果及び、MCNPX(BERTINI, ISABELモデル), CEM03.02, INCL4.2, INCL4.5, PHITS、及び、CASCADE07コードの計算結果と比較した。2

論文

In-beam $$gamma$$-ray study of the neutron-rich nuclei of $$^{240}$$U, $$^{246}$$Pu, and $$^{250}$$Cm produced by the ($$^{18}$$O, $$^{16}$$O) reaction

石井 哲朗; 重松 宗一郎*; 牧井 宏之; 浅井 雅人; 塚田 和明; 豊嶋 厚史; 松田 誠; 牧嶋 章泰*; 静間 俊行; 金子 順一*; et al.

Physics of Atomic Nuclei, 70(8), p.1457 - 1461, 2007/08

 被引用回数:8 パーセンタイル:41.65(Physics, Nuclear)

中性子過剰核$$^{240}$$U, $$^{246}$$Pu, $$^{250}$$Cmの励起準位構造をインビーム$$gamma$$線分光法により研究した。これらの原子核は、原子力機構・東海タンデム加速器施設において、$$^{238}$$U, $$^{244}$$Pu, $$^{248}$$Cm($$^{18}$$O, $$^{16}$$O) 2中性子移行反応により生成した。Si $$Delta E$$-$$E$$検出器を用いて散乱粒子$$^{16}$$Oを識別し、さらに$$^{16}$$Oの運動エネルギーを選択することにより、残留核$$^{240}$$U, $$^{246}$$Pu, $$^{250}$$Cmの脱励起$$gamma$$線を同定した。$$gamma$$線測定の結果より、これらの原子核の基底回転バンドを12$$^{+}$$ 状態まで確立した。回転バンドの慣性能率より、中性子数152の変形閉殻が陽子数96のCmまでは存在し、陽子数94のPuでは消失することを明らかにした。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1