検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Design of a superconducting coil system for remodeling JT-60

改修JT-60の超伝導コイル・システムの設計

安藤 俊就*; 石田 真一; 加藤 崇; 菊池 満; 木津 要; 松川 誠; 三浦 友史; 中嶋 秀夫; 逆井 章; 杉本 誠; 土屋 勝彦; 辻 博史

Ando, Toshinari*; Ishida, Shinichi; Kato, Takashi; Kikuchi, Mitsuru; Kizu, Kaname; Matsukawa, Makoto; Miura, Yushi; Nakajima, Hideo; Sakasai, Akira; Sugimoto, Makoto; Tsuchiya, Katsuhiko; Tsuji, Hiroshi

トカマク型核融合装置JT-60の超伝導計画の超伝導コイル・システムの設計について紹介する。この超伝導コイル・システムはトロイダル磁場(TF)コイル,中心ソレノイド(CS),平衡制御磁場(EF)コイルからなる。TFコイルは、高さが5.8m,幅が3.9mのユニット・コイルの18個からなる。その巻線部での最大磁場は7.4T,そのときの磁気蓄積エネルギーは、これまで製作された超伝導コイルより1.7倍大きい世界最大の1.6GJである。本コイルには、原研で開発され、大きな電磁力が加えられても超伝導性能への影響の少ないニオブ・アルミ超伝導導体が使用される。CSは4個,EFコイルは6個からなり、最大磁場が7.4TであるCSとEF4ではニオブ・スズ導体が、最大磁場が5Tである他のEFコイルはニオブ・チタン導体が採用される。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:45.64

分野:Engineering, Electrical & Electronic

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.