検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

NBI用負イオン源開発における高密度負イオンビーム長パルス生成実験

Long pulse production of high density negative(H$$^{-}$$/D$$^{-}$$) ion beams in negative ion source development for NBI

柏木 美恵子; 雨宮 亨*; 伊賀 尚*; 井上 多加志; 今井 剛; 奥村 義和; 高柳 智弘; 花田 磨砂也; 藤原 幸雄; 森下 卓俊; 渡邊 和弘; Boilson, D.*; Hemsworth, R. S.*; Massmann, P.*; Svensson, L.*; DeEsch, H. P. L.*

Kashiwagi, Mieko; Amemiya, Toru*; Iga, Takashi*; Inoue, Takashi; Imai, Tsuyoshi; Okumura, Yoshikazu; Takayanagi, Tomohiro; Hanada, Masaya; Fujiwara, Yukio; Morishita, Takatoshi; Watanabe, Kazuhiro; Boilson, D.*; Hemsworth, R. S.*; Massmann, P.*; Svensson, L.*; DeEsch, H. P. L.*

核融合プラズマの燃焼,電流駆動に不可欠な中性粒子入射装置(NBI)における負イオン源では、電流の高密度化,長パルス化が重要な開発項目である。日本原子力研究所ではセシウム添加型高密度負イオン源を開発し、仏国・カダラッシュ研究所との共同実験にて負イオンビーム長パルス加速実験を行った。この目的は、ITER-NBIに要求されている高密度負イオン電流(重水素で$$>$$20mA/cm$$^{2}$$,水素負イオンで$$>$$28mA/cm$$^{2}$$)の1000秒間加速を実証することである。セシウム効果を十分に得るため、フィルター磁場を最適化し、プラズマ電極温度を一定に保つことが可能な強制冷却型プラズマ電極を用いた。その結果、高密度水素負イオン電流30mA/cm$$^{2}$$(80秒間)を得た。また水素負イオン18mA/cm$$^{2}$$、重水素負イオン12mA/cm$$^{2}$$で1000秒間の連続加速を達成した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.