検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of the lifetime of the first 2$$^{+}$$ state in $$^{124}$$Ba

$$^{124}$$Baの2$$_{1+}$$準位の寿命の測定

内山 浩志*; 古野 興平*; 静間 俊行*; 杉田 道昭; 加藤 雅規*; 鴇田 由希*; 村崎 麻美*; 橋本 奈美*; 高橋 英美*; 小松原 哲郎*; 松浦 勝之*; 田中 長智*; 佐々木 康行*

not registered; Furuno, Kohei*; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; Komatsubara, Tetsuro*; not registered; not registered; Sasaki, Yasuyuki*

質量数124,陽子数56のBa核のJ$$^{Pi}$$=2+の準位の寿命を、コインシダンス・リコイルディスタンス・ドップラー・シフト法を用いて測定した。基底状態から2+状態へのE2遷移確率は、中性子数66から80に行くに従い単調に増加することがわかった。「シェルの中央では、パウリ効果によりE2遷移確率が30%減少する」という従来の仮説を否定する結果になった。E2遷移確率のシステマティクスは、パウリ効果を含まないで計算した相互作用するボソン膜型IIの予想と一致し、シェルの中央でE2遷移のパウリ効果は消失することを示唆する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:48.24

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.