検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Dipole and quadrupole cascades in the yrast region of $$^{143}$$Gd

$$^{143}$$Gdのイラスト領域におけるダイポール・クォドラポール・カスケード

菅原 昌彦*; 草刈 英栄*; 猪狩 嘉延*; 明神 克弘*; 西宮 大輔*; 御手洗 志郎*; 大島 真澄; 早川 岳人*; 木寺 正憲*; 古高 和禎*; 初川 雄一

Sugawara, Masahiko*; Kusakari, Hideshige*; not registered; not registered; not registered; Mitarashi, Shiro*; Oshima, Masumi; Hayakawa, Takehito*; not registered; not registered; Hatsukawa, Yuichi

原研タンデム加速器を利用して$$^{143}$$Gd核の高スピン(高速回転)下における核構造を調べた。170MeV$$^{35}$$Clビームによる$$^{111}$$Cd($$^{35}$$Cl,1p2n)反応で$$^{143}$$Gdの高励起状態を生成し、ほぼ7MeVの励起エネルギーまで、20-24までの高スピン状態の準位構造を明らかにした。3個のユニークな構造を持つダイポール($$Delta$$I=1)バンドと3個の変形したクォドラポール($$Delta$$I=2)バンドを新たに同定した。これらのダイポールバンド、クォドラポールバンドが、励起エネルギー差0.2MeV毎に順番に現れる新たな現象があることがわかった。この現象を理解するために、変形共存を取り入れた理論解析を今後進める。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:53.93

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.