検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Initial boronization of JT-60U tokamak using decaborane

JT-60トカマクにおけるデカボランを用いたボロナイゼーションの初期結果

西堂 雅博; 荻原 徳男; 嶋田 道也; 新井 貴; 平塚 一 ; 小池 常之; 清水 正亜; 二宮 博正; 中村 博雄; 神保 龍太郎*; 柳生 純一; 杉江 達夫; 逆井 章; 朝倉 伸幸; 山華 雅司*; 菅井 秀郎*; G.L.Jackson*

Saido, Masahiro; Ogiwara, Norio; Shimada, Michiya; Arai, Takashi; Hiratsuka, Hajime; not registered; Shimizu, Masatsugu; Ninomiya, Hiromasa; Nakamura, Hiroo; not registered; Yagyu, Junichi; Sugie, Tatsuo; Sakasai, Akira; Asakura, Nobuyuki; not registered; not registered; G.L.Jackson*

JT-60Uにおいて、プラズマ不純物の低減を図ることを目的に、デカボランを用いたボロンコーティングを2度実施した。ボロンコーティングにより作製されたボロン被膜の膜厚、元素組成及びその分布を走査型電顕、オージェ電子分光法、核反応解析法により測定し、以下の事が明らかになった。(1)デカボラン吹き出し口付近の膜厚は80nmであるのに対して、トロイダル方向に約180°離れた場所での膜厚は約2nmとうすく、不均一な分布となっている。(2)H濃度は約10%である。(3)ボロン含有量は90%以上であり、H以外含まず純度が高い。これら膜の特性と、プラズマ不純物低減効果との関係について考察した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:90.71

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.