検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Neutronics of neutral beam injector for ITER; Japanese proposal

ITER用中性粒子ビーム入射装置のニュートロニクス; 日本提案

井上 多加志; 秋場 真人; 荒木 政則; 花田 磨砂也; 真木 紘一*; 水野 誠; 奥村 義和; 小原 祥裕; 関 昌弘; 田中 茂; 渡邊 和弘; 上出 泰生*; 山下 泰郎*; 尾崎 章*; 斉藤 靖*

Inoue, Takashi; Akiba, Masato; Araki, Masanori; Hanada, Masaya; not registered; Mizuno, Makoto; Okumura, Yoshikazu; Ohara, Yoshihiro; Seki, Masahiro; Tanaka, Shigeru; Watanabe, Kazuhiro; not registered; Yamashita, Y.*; not registered; Saito, Yasushi*

ニュートロニクスの観点から、ITER用中性粒子入射加熱装置の設計概念が考察される。高パワー中性粒子ビームを炉心プラズマ入射するため、ITER本体と中性粒子入射装置は、大きな開口をもったポートとドリフト管で接続されており、これを通して炉心プラズマから中性粒子入射装置へ、高流束の中性子がストリーミングする。中性粒子入射装置内のニュートロニクス諸量を2次元中性子輸送・放射化計算によって得た。その結果、ビームライン機器は10$$^{9}$$~10$$^{11}$$n/cm$$^{2}$$sの高い中性子束に曝されること、中性粒子入射装置室の誘導放射能は運転停止後1日で10$$^{-10}$$Ci/cm$$^{3}$$以下となることが判明した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:32.61

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.