検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

群分離法の開発; NUCEF内に建設した群分離試験施設

Development of partitioning method; Partitioning test facility constructed in NUCEF

山口 五十夫; 龍ヶ江 良三*; 森田 泰治 ; 近藤 康雄; 白橋 浩一 ; 山岸 功 ; 藤原 武; 藤本 啓一*; 谷津 修; 藤田 民義*; 黒羽根 史朗; 青山 三郎; 久保田 益充

Yamaguchi, Isoo; not registered; Morita, Yasuji; not registered; Shirahashi, Koichi; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; Kurobane, Shiro; not registered; Kubota, Masumitsu

群分離処理法の開発研究を行うため、年間1.85$$times$$10$$^{14}$$Bqの高レベル廃液を取り扱うことのできる研究施設を燃料サイクル安全工学研究施設(NUCEF)に完成した。本研究施設は$$alpha$$放射体を含む放射性溶液の化学処理に適した気密構造の$$alpha$$-$$gamma$$型セルである。セル内には脱硝・濃縮装置、シュウ酸塩沈殿ろ過装置、ろ過機器、抽出器、イオン交換カラム、乾燥器、貯留タンク(10基)及びポンプ等で構成する群分離試験装置を設置した。主要機器は遠隔着脱コネクタを用いて交換可能であり、また、配管ルートを選定することにより多目的に使用できる。本群分離試験施設により、高レベル廃液中に含まれる元素を超ウラン元素群、Tc-白金族元素群、Sr-Cs群及びその他の元素群の4群に分離するプロセスについて試験する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.