検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Intraoperative boron neutron capture therapy using thermal/epithermal mixed beam

熱-熱外混合中性子ビームを使った術中ホウ素中性子捕捉療法

松村 明*; 山本 哲哉*; 柴田 靖*; 中井 敬*; Zhang, T.*; 松下 明*; 高野 晋吾*; 遠藤 聖*; 阿久津 博義*; 山本 和喜; 熊田 博明; 鳥居 義也; 水谷 太郎*; 高橋 宏*; 豊岡 秀訓*; 能勢 忠男*

Matsumura, Akira*; Yamamoto, Tetsuya*; Shibata, Yasushi*; Nakai, Kei*; Zhang, T.*; Matsushita, Akira*; Takano, Shingo*; Endo, Kiyoshi*; Akutsu, Hiroyoshi*; Yamamoto, Kazuyoshi; Kumada, Hiroaki; Torii, Yoshiya; Mizutani, Taro*; Takahashi, H.*; Toyooka, Hidenori*; Nose, Tadao*

原研のJRR-4の中性子ビーム設備を使って、1999年から2002にかけて9例の患者に対して熱-熱外混合ビームによる術中ホウ素中性子捕捉療法(IO-BNCT)を実施した。グリオブラストーマの生存中央値は、9.8カ月であり星細胞腫は、16.8カ月であった。熱-熱外混合ビームによる術中BNCTは、従来の治療法に比べ初期の放射線効果は良好であった。これらのフェーズI/IIの臨床試験は局所の腫瘍コントロールで有効でした。今後、IO-BNCTの有効性を証明するするため、革新的な手法を伴った臨床試験を継続して実施していくものである。これまで実施した臨床試験の結果を紹介するとともに、今後の展望について記述する。

Since 1998 to 2002, a new clinical trial of an intraoperative boron neutron capture therapy (IOBNCT) at JRR-4 of Japan Atomic Energy Institute (JAERI) using BSH with mixed thermal/epithermal neutron beam has been accomplished. There have been 9 patients included in this study. The median survival time (MST) in GBM was 19.8 months and 16.8 months in AA. IOBNCT with mixed thermal/epithermal neutron beam provide better primary radiation effect than conventional therapy in selected cases. Our phase I/II clinical trial was effective in local tumor control. Further clinical trial with new design should be performed to prove the efficacy of IOBNCT.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.