検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

NMR study of NpFeGa$$_5$$

NpFeGa$$_5$$のNMRによる研究

神戸 振作; 本間 佳哉*; 徳永 陽; 酒井 宏典; 青木 大*; 山本 悦嗣; 中村 彰夫; 塩川 佳伸; Walstedt, R. E.

Kambe, Shinsaku; Homma, Yoshiya*; Tokunaga, Yo; Sakai, Hironori; Aoki, Dai*; Yamamoto, Etsuji; Nakamura, Akio; Shiokawa, Yoshinobu; Walstedt, R. E.

NMRを用いて電子相関の強い系であるNpFeGa$$_5$$物の磁性について研究した。Np化合物のNMR研究はほとんどなされていないので、本研究はNp化合物の磁性を微視的立場から明らかにした数少ない例である。GaのNMRを行い、常磁性状態でナイトシフトとスピン格子緩和時間の温度依存を測定した。ナイトシフトは静帯磁率の温度依存と一致した。それから求めた超微細相互作用定数はU系の同構造化合物と同程度のものであった。またスピン格子緩和時間はほとんど温度依存がなくこの系がローカルモーメント的であることがわかった。

We report a $$^{69}$$Ga NMR study of the antiferromagnet NpFeGa$$_5$$. In the paramagnetic state, hyperfine parameters such as NMR shift, electric field gradient and hyperfine coupling constant have been determined for the two crystallographically inequivalent Ga sites. These parameters are found to have a similar magnitude to those of UNiGa$$_5$$ and UPtGa$$_5$$.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:76.89

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.