検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

保障措置環境試料分析技術の開発; バルク分析

Development of analytical techniques for safeguards environmental samples; Bulk analysis

平山 文夫; 黒沢 節身; 間柄 正明; 市村 誠次; 河野 信昭; 鈴木 大輔; 伊奈川 潤; 後藤 基次; 桜井 聡; 渡部 和男; 臼田 重和

Hirayama, Fumio; Kurosawa, Setsumi; Magara, Masaaki; Ichimura, Seiji; Kono, Nobuaki; Suzuki, Daisuke; Inagawa, Jun; Goto, Mototsugu; Sakurai, Satoshi; Watanabe, Kazuo; Usuda, Shigekazu

保障措置環境試料を対象にした極微量核物質(ウランとプルトニウム)の分析技術開発を行っている。今回、試料全体の当該核物質の平均値を求めるバルク分析について、実試料を用いたこれまでの分析結果をもとに、定量性及び化学分離性能の点でIAEAの基本要求を十分に満足していることを紹介する。また高度分析技術開発の一環として、分離操作の迅速化で取り上げた遠心イオン交換分離法が、プルトニウムの迅速精製分離に適用できること、並びに試作した低ウラン含有スワイプ材が、従来品のウラン含有量の1/100であり、かつ拭取り性能は同等で優れていることを報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.