検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

An Experimental study on radiation streaming through a labyrinth in a proton accelerator facility of intermediate energy region

中間エネルギー陽子加速器施設の迷路内漏洩線の測定研究

田中 進; 中島 宏; 坂本 幸夫; 中根 佳弘; 明午 伸一郎; 田中 俊一; 中村 尚司*; 高田 真志*; 黒沢 忠弘*; 平山 英夫*; 中尾 徳晶*; 上蓑 義朋*; 今村 峯雄*; 秦 和夫*

Tanaka, Susumu; Nakashima, Hiroshi; Sakamoto, Yukio; Nakane, Yoshihiro; Meigo, Shinichiro; Tanaka, Shunichi; Nakamura, Takashi*; Takada, M.*; Kurosawa, Tadahiro*; Hirayama, Hideo*; Nakao, Noriaki*; Uwamino, Yoshitomo*; Imamura, Mineo*; Shin, Kazuo*

日本原子力研究所高崎研究所イオン照射研究施設において、68MeVの陽子で銅ターゲットを照射している照射室及び長さ29mの3脚迷路内の漏洩放射線測定実験を行った。実験では、中性子及び$$gamma$$線のエネルギースペクトル並びに線量当量率、中性子反応率を各種検出器及び線量計で測定した。中間エネルギー領域の陽子加速器施設の設計において、測定値は、照射室内の熱中性子束及び迷路内漏洩熱中性子の評価に経験式が応用可能であることを示した。測定データは、中性子捕獲反応による生成2次$$gamma$$線が支配的となっている迷路内の$$gamma$$線線量当量率の評価が必須であることを示唆している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:69.9

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.