検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Large-scale numerical analysis of nuclear power plant in distributed computational environment

グリッド環境における原子力プラントの実大シミュレーション

松原 仁; 南 貴博; 羽間 収; 西田 明美; Tian, R.; 中島 憲宏; 谷 正之

Matsubara, Hitoshi; Minami, Takahiro; Hazama, Osamu; Nishida, Akemi; Tian, R.; Nakajima, Norihiro; Tani, Masayuki

原子力プラントは、圧力容器,中間熱交換器など多数の複雑な部品からなる大規模組立構造物であり、それぞれが互いに連成することによって外力に抵抗する。したがって、原子力プラントの各部品が他の部品、あるいは全体に及ぼす影響を明らかにすることは、構造工学上極めて重要な課題である。従来、このような問題を取り扱う場合、原子力プラントは、一体構造物と仮定され、各部品間に生じる相互作用力を加味した全体挙動の評価は不可能であった。本研究では、原子炉と一次冷却系に対して、ITBLグリッド環境の利用による部品間接続を加味した三次元有限要素法の構築を試みた。その結果、各部品の変形挙動や応力状態を加味した原子炉全体解析が可能になり、静的外力作用時における原子炉全体の応力・ひずみ状態が明らかになった。

A nuclear power plant is made up of numerous components. In previous techniques, structural analyses of entire nuclear power plant have not been achieved because it is assumed to be united structure. In this work, through our new model approach called the assembled-structure analysis, simulation of an entire nuclear power plant by assembling of individual components was made possible.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.