検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Hydrogen retention of JT-60 open divertor tiles exposed to HH discharges

軽水素放電に曝されたJT-60開放型ダイバータタイルの水素蓄積

柴原 孝宏*; 田辺 哲朗*; 廣畑 優子*; 大矢 恭久*; 小柳津 誠*; 吉河 朗*; 大西 祥広*; 新井 貴; 正木 圭; 奥野 健二*; 宮 直之

Shibahara, Takahiro*; Tanabe, Tetsuo*; Hirohata, Yuko*; Oya, Yasuhisa*; Oyaizu, Makoto*; Yoshikawa, Akira*; Onishi, Yoshihiro*; Arai, Takashi; Masaki, Kei; Okuno, Kenji*; Miya, Naoyuki

JT-60でダイバータタイルとして使用され、軽水素放電に曝された黒鉛タイルからポロイダル方向に試料をサンプリングし、昇温脱離(TDS)実験を行うことでタイル中の水素蓄積量を評価した。なお、タイルのプラズマ対向面のほとんどは再堆積層で覆われていた。得られたTDSスペクトルの構造は、再堆積層の非常に薄い試料を除けば試料による差は少なく、タイル中に蓄積されていた水素の大部分は水素分子の形態で、970K付近に脱離のピークが存在した。全脱離水素量は再堆積層の厚さにほぼ比例していた。この結果は、ほとんどの水素原子が再堆積層中に均一に蓄積されていたことを示している。求めた水素濃度はH/C=0.03となり、飽和水素濃度(H/C=0.4-1.0)に比べて非常に低かった。水素濃度が低くなった原因として、水素蓄積時に再堆積層の温度が関係していたと考えられ、壁温度を高くすることで水素蓄積量を大幅に減少できる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:48.6

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.