検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高レベル放射性廃棄物地層処分にかかわる天然現象影響評価に関する研究計画書; 当面5か年の計画,H18年度版

Study plan for performance assessment of potential effect of natural phenomena on a HLW disposal system, 5-year plan

川村 淳; 大井 貴夫 ; 牧野 仁史 ; 梅田 浩司; 新里 忠史 ; 安江 健一; 河内 進; 石丸 恒存 ; 瀬尾 俊弘 ; 蛯名 貴憲*; 宮原 要 ; 中司 昇; 茂田 直孝

Kawamura, Makoto; Oi, Takao; Makino, Hitoshi; Umeda, Koji; Niizato, Tadafumi; Yasue, Kenichi; Kawachi, Susumu; Ishimaru, Tsuneari; Seo, Toshihiro; Ebina, Takanori*; Miyahara, Kaname; Nakatsuka, Noboru; Shigeta, Naotaka

本計画では、高レベル放射性廃棄物地層処分にかかわる地質環境の長期安定性研究から天然現象影響評価に関する研究を対象として、研究の必要性や反映の意義に基づいた目的と「我が国における高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性; 地層処分研究開発第2次取りまとめ(第2次取りまとめ)」までに実施された研究成果,「高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する知識基盤の構築(H17レポート)」までになされた研究成果とをまとめて、「研究とこれまでの経緯」として記述するとともに、今後の当面5年程度の計画を「フェーズ2における研究目的」,「研究内容」として記述し、それを実施するために必要となる天然現象に関する知見及び影響評価に必要となる個別現象にかかわる知見等を案としてまとめた。

This report is to outline a 5-year plan of research and development (R&D) for performance assessment of potential effect of natural phenomena on a geological disposal of high-level radioactive waste in JAEA. In each research plan, objectives based on the necessity and the significance of the research plan are clarified in the section of "Objectives and the past progresses", with summarizing the progresses of H12: Project to establish the scientific and technical basis for HLW disposal in Japan (Second Progress Report), and H17: Development and management of the technical knowledge base for the geological disposal of HLW (H17 report). In addition, next five year plan is described in the section.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.