検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

静電加速器の運転状況

Operation of the electrostatic accelerators

水橋 清; 宇野 定則; 大越 清紀; 千葉 敦也; 山田 圭介; 齋藤 勇一; 石井 保行; 佐藤 隆博; 酒井 卓郎; 横田 渉; 北野 敏彦*; 高山 輝充*; 織茂 貴雄*; 金井 信二*; 大前 昭臣*; 江夏 昌志*; 石井 正博*

Mizuhashi, Kiyoshi; Uno, Sadanori; Okoshi, Kiyonori; Chiba, Atsuya; Yamada, Keisuke; Saito, Yuichi; Ishii, Yasuyuki; Sato, Takahiro; Sakai, Takuro; Yokota, Wataru; Kitano, Toshihiko*; Takayama, Terumitsu*; Orimo, Takao*; Kanai, Shinji*; Omae, Akiomi*; Koka, Masashi*; Ishii, Masahiro*

平成17年度、3台の静電加速器は順調に稼動し、計画されたイオン照射実験のうち、ユーザー側の都合で中止したもの以外すべて実施した。年間の各加速器の運転時間はタンデム加速器,シングルエンド加速器,イオン注入装置についてそれぞれ1974時間,2359.9時間,1859.9時間であった。年度内に発生した故障のうち、最もマシンタイムに影響を及ぼしたものは9月に発生したシングルエンド加速器イオン源部のイオン引き出し電源トランスの故障で、特注品であったことから製作に時間を要し15日間の運転停止となった。また、17年度の特徴として地震及び落雷による停電など自然からの影響が大きく、ターボ分子の故障や実験の中断及びこれらによる点検作業が多かった年であった。その他、タンデム加速器の加速電圧を安定化するためのペレットチェーン駆動部の改造等の技術開発や利用拡大のためのタンデム加速器でのフラーレン(C$$_{60}$$)イオンの加速やイオン注入装置でのSiイオンの加速等の新ビーム開発を行った。

Three electrostatic accelerators were almost operated smoothly for various experiments in FY 2005. The yearly operation time of each accelerator amounts to 1974, 2359.9, 1859.9 hour for the tandem, the single-ended and the ion implanter, respectively. Main trouble was a short circuit of a part of the ion source in the single-ended accelerator. This lets to the suspension of operation for fifteen days. As features in FY 2005, the generation of the power cut by thunderbolts and large earthquakes were abounding. By this natural force, the Turbo-molecular pump was broken, experiment was interrupted and then the inspection of accelerator facility was carried out every time. New beam acceleration and improvement of each accelerator were carried out.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.