検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Possible unconventional superconductivity and magnetism in CePt$$_3$$Si probed by muon spin rotation and relaxation

ミュオンスピン回転緩和法を用いたCePt$$_3$$Siにおける非通常型の超伝導及び磁性の研究

髭本 亘  ; 芳賀 芳範  ; 松田 達磨; 大貫 惇睦; 大石 一城; 伊藤 孝   ; 幸田 章宏*; Saha, S. R.*; 門野 良典*

Higemoto, Wataru; Haga, Yoshinori; Matsuda, Tatsuma; Onuki, Yoshichika; Oishi, Kazuki; Ito, Takashi; Koda, Akihiro*; Saha, S. R.*; Kadono, Ryosuke*

重い電子系超伝導体CePt$$_3$$Siは、空間反転対称性の破れた構造を有し、その超伝導がどのような状態にあるかは大きな興味が持たれている。われわれは$$mu$$SR法を用いてこの物質の超伝導状態と磁性の研究を行った。その結果、超伝導状態におけるナイトシフトに温度依存性が見られないことが明らかになった。この結果は超伝導電子対の状態を考察するうえで大きな情報となる。また他の試料で見られていたものと同様な磁気的状態にあることがわかった。このことは、磁性には試料依存性がほとんどないことを示唆するものと考えられる。

Superconducting and magnetic properties of the heavy fermion superconductor CePt$$_3$$Si were studied by means of the $$mu$$SR method. The muon Knight shift is invariant on passing the temperature through $$T_c$$ down to 20 mK at 17 kOe, indicating that the local spin susceptibility does not change in the superconducting state.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:59.21

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.