検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

IASCC感受性と電磁気特性の相関についての検討,1

An Examination of correlation between IASCC susceptibility and electromagnetic properties, 1

根本 義之  ; 内一 哲哉*; 欅田 理*; 永江 勇二 ; 高屋 茂 ; 海老根 典也 ; 塚田 隆 

Nemoto, Yoshiyuki; Uchimoto, Tetsuya*; Keyakida, Satoshi*; Nagae, Yuji; Takaya, Shigeru; Ebine, Noriya; Tsukada, Takashi

これまでの研究により、原子炉構造材のオーステナイト・ステンレス鋼の照射誘起応力腐食割れ(IASCC)を、き裂の発生以前に電磁気的手法によって予兆診断できる可能性が指摘されている。そのため、本研究においては照射誘起偏析によって生成する、結晶粒界における幅数nmのCr欠乏領域を熱処理によって模擬した試験片を用いて、高温水中低歪み速度引張り(SSRT)試験及び、導電率,静的/動的電磁特性の評価、また渦電流法,交流磁化法等による電磁気特性評価等を行った。高温水中SSRT試験によって得られた粒界破面率(SCC感受性)は偏析量に依存して上昇していた。また、偏析量に依存して渦電流信号の値が大きくなる傾向を示した。さらに動的電磁特性の評価の結果得られた比透磁率の値も偏析量に依存して高くなっていた。これらの結果から、IASCC感受性と電磁特性の相関関係の要因の一つが、結晶粒界における照射誘起偏析によるCr欠乏領域の生成である可能性が示された。

It was suggested by the authors that electromagnetic method could detect irradiation assisted stress corrosion cracking (IASCC) of austenitic stainless steel in advance of crack initiation. Authors investigated the mechanism using mock specimens of radiation induced segregation (RIS). SCC susceptibility and electromagnetic properties of the mock specimens were studied. Results were compared with the data of irradiated specimens and mechanism of electromagnetic diagnosis were discussed. A sensor system will be developed by application of these mechanism.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.