検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核子移行反応を用いた質量数180領域核の核構造研究

Nuclear structure study of nuclei in the A=180 region using nucleon transfer reactions

静間 俊行; 石井 哲朗; 牧井 宏之; 松田 誠; 早川 岳人; 井手口 栄治*; Liu, M.*; Zheng, Y.*; 森川 恒安*; 御手洗 志郎*; 藤原 守

Shizuma, Toshiyuki; Ishii, Tetsuro; Makii, Hiroyuki; Matsuda, Makoto; Hayakawa, Takehito; Ideguchi, Eiji*; Liu, M.*; Zheng, Y.*; Morikawa, Tsuneyasu*; Mitarai, Shiro*; Fujiwara, Mamoru

深部非弾性散乱反応や核子移行反応によって質量数180領域の中性子過剰核を生成し、$$^{187}$$W及び$$^{188}$$Wの核構造について実験研究を行った。それぞれの核から放出される$$gamma$$線をゲルマニウム検出器を用いて測定し準位様式を確立した。その結果、$$^{187}$$W核において1.5マイクロ秒のアイソマーを観測し、また、$$^{188}$$W核において新たに$$gamma$$振動バンド,八重極振動バンドや多準粒子配位に基づく励起状態を観測した。本講演では、実験結果とともにBlocked-BCS模型やHFB模型を用いた励起準位の理論分析結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.