検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画における地表からの調査予測研究段階(第1段階)研究成果報告書

Final report on the surface-based investigation (phase I) at the Mizunami Underground Laboratory project

三枝 博光; 瀬野 康弘; 中間 茂雄; 鶴田 忠彦; 岩月 輝希; 天野 健治; 竹内 竜史; 松岡 稔幸; 尾上 博則; 水野 崇; 大山 卓也; 濱 克宏; 佐藤 稔紀; 久慈 雅栄; 黒田 英高; 仙波 毅; 内田 雅大; 杉原 弘造; 坂巻 昌工

Saegusa, Hiromitsu; Seno, Yasuhiro; Nakama, Shigeo; Tsuruta, Tadahiko; Iwatsuki, Teruki; Amano, Kenji; Takeuchi, Ryuji; Matsuoka, Toshiyuki; Onoe, Hironori; Mizuno, Takashi; Oyama, Takuya; Hama, Katsuhiro; Sato, Toshinori; Kuji, Masayoshi; Kuroda, Hidetaka; Semba, Takeshi; Uchida, Masahiro; Sugihara, Kozo; Sakamaki, Masanori

本報告書は、結晶質岩を対象として、日本原子力研究開発機構が岐阜県瑞浪市で進めている深地層の研究施設計画である超深地層研究所計画における第1段階(地表からの調査予測研究段階)の調査研究成果をまとめたものである。この報告書では、第1段階の目標に対して調査研究の成果を適切に取りまとめるとともに、課題を抽出・整理し、第2段階(研究坑道の掘削を伴う研究段階)以降の調査研究の必要性について言及した。具体的には、結晶質岩(硬岩)を対象とした調査・評価のための方法論を示すとともに、重要な調査技術や解析技術を整備した。また、処分事業の基盤技術となる技術的知見やノウハウなどを整理した。さらに、第1段階において残された課題を整理し、第2段階以降の調査研究の必要性を明確化した。ここで取りまとめる成果は、地層処分技術の知識基盤として整備されるばかりでなく、処分事業並びに安全規制の両面を支える技術基盤の強化を図っていくうえで、有効に活用されるものである。

The Mizunami Underground Laboratory (MIU) Project is a comprehensive research project investigating the deep underground environment within crystalline rock being conducted by Japan Atomic Energy Agency at Mizunami City in Gifu Prefecture, central Japan. This report summarizes the results of the Surface-based Investigation Phase, identifies future issues and provides direction for research to be conducted during Construction Phase and Operation Phase. The results compiled in this report will be utilized for the technical knowledge base on geological disposal of HLW, and can be used to enhance the technical basis for waste disposal in general and for development of government regulations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.