検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Recent advances in the JENDL project

JENDL計画の最近の進展

柴田 恵一; 中川 庸雄; 深堀 智生; 岩本 修; 市原 晃; 岩本 信之 ; 国枝 賢; 大塚 直彦; 片倉 純一; 渡辺 幸信*; 小迫 和明*

Shibata, Keiichi; Nakagawa, Tsuneo; Fukahori, Tokio; Iwamoto, Osamu; Ichihara, Akira; Iwamoto, Nobuyuki; Kunieda, Satoshi; Otsuka, Naohiko; Katakura, Junichi; Watanabe, Yukinobu*; Kosako, Kazuaki*

原子力機構シグマ委員会と協力してJENDL汎用ファイル及び特殊目的ファイルの作成を進めている。JENDL汎用ファイルの第4版であるJENDL-4の開発では実験値の乏しいMA及びFP核データの精度向上が重要な課題であるので、新たに核反応モデル計算コードを開発した。FP領域では、200MeVまでの中性子及び陽子反応データに適用できるチャネル結合光学模型パラメータを求め、統計模型による理論計算を実施している。低エネルギー領域ではMA及びFP核種の分離共鳴パラメータを最新の実験値をもとに評価した。2002年に公開したJENDL-3.3のフォローアップとして、ADS開発研究で必要な核種の共分散(誤差)データを整備した。一方、特殊目的ファイルに関しては、JENDL高エネルギーファイル及び光核反応データファイルの2007年版の編集が最終段階に入っている。

General- and special-purpose JENDL data files are being produced in cooperation with the Japanese Nuclear Data Committee. We have developed nuclear model codes to improve the quality of MA and FP data. In the FP region, we obtained global coupled-channel optical model parameters, which can be applied to neutron- and proton-induced reaction data up to 200 MeV. These parameters are used for statistical model calculation. Resolved resonance parameters of MA and FP nuclei were updated to improve the low-energy behavior of the cross sections by using recent measurements. As a follow-up of JENDL-3.3, which was released in 2002, covarainces of several nuclei were estimated for a study on ADS. Concerning special-purpose files, the compilation of the 2007 versions of JENDL High Energy File and Photonulcear Data Files is in the final stage.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.