検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Muon knight shift measurements on PrPb$$_3$$ in paraquadrupolar state

PrPb$$_3$$の常磁性相におけるミュオンナイトシフト測定

伊藤 孝  ; 髭本 亘 ; 大石 一城; Heffner, R. H.; 西田 信彦*; 青木 勇二*; 鬼丸 孝博*; 鈴木 博之*

Ito, Takashi; Higemoto, Wataru; Oishi, Kazuki; Heffner, R. H.; Nishida, Nobuhiko*; Aoki, Yuji*; Onimaru, Takahiro*; Suzuki, Hiroyuki*

PrPb$$_3$$$$T_Q$$=0.4Kにおいて反強四極子秩序を起こす。最近の実験からこの四極子秩序が長周期構造を持つことがわかり、注目を集めている。われわれはPrPb$$_3$$単結晶試料に対し、常磁性相のミュオンナイトシフト測定を行った。ミュオンナイトシフトに対するフェルミ接触相互作用からの寄与は異方性が強く、おそらく4f電子の空間分布が低温において異方的であることに対応していると考えられる。フェルミ接触相互作用の強さは双極子結合と同程度であると見積もられ、4f電子と伝導電子が強く混成していることを示唆している。この結果は、伝導電子を介した四極子間の結合が長周期構造の発現において重要であることを示唆している。

PrPb$$_3$$ exhibits antiferroquadrupole ordering at T$$_Q$$ = 0.4 K. In the ordering phase, incommensurate structure of quadruple was found from recent experimental study and much attention is paid to this compound. We performed muon spin rotation and relaxation measurements on a single crystalline sample of PrPb$$_3$$. A quite anisotropic contact-coupling constant was extracted from the muon Knight shift, possibly concerned with nonspherical distribution of 4$$f$$-electron at low temperature. The contact and dipole coupling constants are of comparable magnitudes, suggesting significance of strong hybridization between the $$4f$$ electrons of Pr and the conduction electrons for incommensurate structure.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.