検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

パルス中性子小中角散乱装置によるナノ構造評価の新展開

New development in nanostructure analysis by smaller-angle neutron scattering instrument of J-PARC

鈴木 淳市; 篠原 武尚  ; 高田 慎一 ; 奥 隆之  ; 鈴谷 賢太郎; 相澤 一也 ; 新井 正敏; 大友 季哉*; 杉山 正明*

Suzuki, Junichi; Shinohara, Takenao; Takata, Shinichi; Oku, Takayuki; Suzuya, Kentaro; Aizawa, Kazuya; Arai, Masatoshi; Otomo, Toshiya*; Sugiyama, Masaaki*

中性子小角散乱法は、物質透過能力,水素などの軽元素識別能力,同位体識別能力,磁気解析能力などのほかの量子プローブにない中性子の優れた特徴を活かした数nmから数10$$mu$$mに及ぶスケールの構造解析法として幅広い科学分野で利用されている。本稿は、これらの利用をさらに高い空間分解能や時間分解能で高効率に促進するためにJ-PARCに建設する世界最高性能のパルス中性子小中角散乱装置の特徴をまとめたものである。本稿は、装置の機器構成と設計概念,モンテカルロ・シミュレーションなどにより見積もられる装置の基本性能,装置性能をナノ構造評価に活かすデータ解析法の開発,ほかの装置の相補的利用の可能性の解説から構成される。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.