検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ベントナイト中におけるRa移行挙動に及ぼすCa・Ba鉱物との共沈の影響,2

Evaluation of Ra migration influenced by coprecipitation with Ca/Ba mineral in bentonite, 2

藤原 健壮; 戸村 努*; 飛田 実*; 鈴木 康之*; Tits, J.*; Curti, E.*

Fujiwara, Kenso; Tomura, Tsutomu*; Tobita, Minoru*; Suzuki, Yasuyuki*; Tits, J.*; Curti, E.*

ラジウム-226(226Ra)は高レベル放射性廃棄物の地層処分における評価対象核種の一つであるが、その溶解度はCa鉱物との共沈により支配されるとしており、溶解度評価のためにはCa鉱物との共沈挙動の評価が不可欠である。また原子炉内で核分裂生成物として存在するBaより生成する鉱物との共沈挙動の評価も必要と考えられる。本報告では、calciteやwitherite鉱物へのRaの取り込み挙動に加え、モンモリロナイトなどの粘土鉱物とRaの挙動を調べることにより、緩衝材中におけるRaの移行挙動を評価した。

The aim of the proposed study is to provide new key data on the interaction of Ra with calcite, witherite and barite in the presence of selected clay materials Kunigel V1 bentonite representing the backfill, respectively host-rock, of the high-level waste repositories planned in Japan.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.