検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高選択・制御性沈殿剤による高度化沈殿法再処理システムの開発,10; マスキング剤存在下におけるU(IV)の沈殿挙動の検討

Development of advanced reprocessing system using high selective and controllable precipitants, 10; Investigation of precipitation properties of U(IV) in the presence of masking agents

野上 雅伸*; 鷹尾 康一朗*; 杉山 雄一*; 野田 恭子*; 原田 雅幸*; 池田 泰久*; 森田 泰治 ; 西村 建二*

Nogami, Masanobu*; Takao, Koichiro*; Sugiyama, Yuichi*; Noda, Kyoko*; Harada, Masayuki*; Ikeda, Yasuhisa*; Morita, Yasuji; Nishimura, Kenji*

FBR燃料再処理を目的として、ピロリドン誘導体(NRP)によるU(VI)の沈殿を基本とした二つの沈殿主工程から成る簡易再処理システムの開発を行っている。第1沈殿工程はU(VI)のみを沈殿させる工程であるが、沈殿条件によってはPu(IV)が共沈するとの知見が得られている。このPu(IV)共沈を抑制する手法の一つとして、マスキング剤添加法を検討した。Pu(IV)の模擬としてU(IV)を用い、マスキング剤存在下におけるU(IV)の沈殿生成挙動について検討したところ、アセトヒドロキサム酸がU(IV)沈殿生成の抑制に効果的であることが明らかとなった。

We have been developing an advanced reprocessing system for spent FBR fuels based on precipitation method using pyrrolidone derivatives. The present study deals with the effect of addition of masking agents on co-precipitation of Pu(IV) in the selective U(VI) precipitation. It was found that precipitation of U(IV), which was used as substitute for Pu(IV), was suppressed by the presence of acetohydoxamic acid.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.