検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

金属磁性体空胴の高次モード解析

HOM analysis of magnetic alloy cavity

長谷川 豪志; 原 圭吾*; 野村 昌弘; 大森 千広*; Schnase, A.; 田村 文彦  ; 戸田 信*; 山本 昌亘; 吉井 正人*

Hasegawa, Katsushi; Hara, Keigo*; Nomura, Masahiro; Omori, Chihiro*; Schnase, A.; Tamura, Fumihiko; Toda, Makoto*; Yamamoto, Masanobu; Yoshii, Masahito*

J-PARCシンクロトロンでは高加速勾配を達成するため金属磁性体コアを用いたRF空胴が開発されている。さらにMR RF空胴では、Q値を26とするためカットコアが使用されている。金属磁性体コアRF空胴やカットコア,カットコアギャップ間などの高次モードを明らかにするため電磁場計算を行った。この報告では、金属磁性体コアの計算方法やカットコアや金属磁性体コアの高次モード解析の結果について述べている。

The RF cavity using Magnetic Alloy (MA) cores has been developed for achieving the high field gradient in J-PARC synchrotron. Because of adopting the quality factor of 26, cut core configuration has been used in Main Ring RF cavities. Electromagnetic simulations of HOM analysis about RF cavity of MA cores, cut core configuration and between the cut core gap were performed. In this paper, a simulation method of MA core and results of HOM analysis for cut core and MA core are presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.