検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

日本海東部における沈降粒子の元素組成の経年変化

Temporal change in elemental composition of sinking particles in the eastern Japan Sea

乙坂 重嘉 ; 奥 俊輔*; 南 秀樹*; 皆川 昌幸*; 乗木 新一郎*

Otosaka, Shigeyoshi; Oku, Shunsuke*; Minami, Hideki*; Minakawa, Masayuki*; Noriki, Shinichiro*

日本海における深層循環の経年変化は全球的な温暖化と密接に関係していることが示唆されている。一方で、粒子状物質の鉛直輸送は、海洋における物質循環を議論するうえで不可欠な過程であるにもかかわらず、日本海での沈降粒子について、その元素組成の経年変化を論じた研究は皆無である。本研究では、1984年に日本海東部で実施したセジメントトラップ実験の結果を、1999年から2001年にかけて同海域で行った観測結果と比較することにより、物質循環の指標となる10元素について、沈降粒子の元素組成の経年変化を解析した。結果として、(1)生物起源粒子の特徴の変化に比べ、陸起源成分の組成の変化がより顕著であること,(2)陸起源粒子のうち、アジア大陸起源粒子の構成比が減少した可能性があること,(3)沿岸域から海盆内部への粒子輸送量が減少したこと、及び沈降粒子による人為起源微量元素の輸送量には有意な増加がないことが示唆された。

Many researchers pointed out that decadal change in deep-sea circulation in the Japan Sea are strongly related with the global climate change. However, little is known about changes in fluxes and elemental composition of sinking particles in the sea. In this study, we assessed temporal changes in elemental composition of sinking particle in the Japan Sea by comparing results of a sediment trap experiment in middle 1980s with those in end of 1990s. The result indicated that (1) the contribution of Asian dust in sinking particles decreased significantly, (2) horizontal transport of re-suspended particles from the slope regions was weakened, and (3) there was no significant increase in vertical transport of anthropogenic heavy metals to the interior of the Japan Sea.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.