検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCリングにおける高周波加速調整

Commissioning of beam acceleration in J-PARC RCS and MR

田村 文彦 ; Schnase, A.; 野村 昌弘; 山本 昌亘; 鈴木 寛光; 島田 太平; 長谷川 豪志; 吉井 正人*; 大森 千広*; 戸田 信*; 高木 昭*; 原 圭吾*; 絵面 栄二*; 穴見 昌三*

Tamura, Fumihiko; Schnase, A.; Nomura, Masahiro; Yamamoto, Masanobu; Suzuki, Hiromitsu; Shimada, Taihei; Hasegawa, Katsushi; Yoshii, Masahito*; Omori, Chihiro*; Toda, Makoto*; Takagi, Akira*; Hara, Keigo*; Ezura, Eiji*; Anami, Shozo*

J-PARC RCSのビームコミッショニングは2007年10月に開始され、同月に3GeVまでの加速に成功し、2008年2月には$$1.07times10^{13}$$個の陽子の加速に成功した。現在はMLF及びMRにビームを供給しながら、ビームパワーの増強のためのコミッショニングを行っている。MRのコミッショニングは2008年5月から開始され、入射エネルギー3GeVにおけるRFによる捕獲,1秒のビーム保持及び取り出しに成功している。現在、RCSには10台、MRには4台のMA(magnetic alloy)空胴がインストールされている。MA空胴により、大強度の陽子の加速に必要な高い加速電圧を発生させることができる。これらのハイパワーシステムを制御するために、RCS, MRともにフルデジタルのLLRF制御システムを採用した。フルデジタルのシステムを採用したことで、非常に高精度かつ再現性の高い周波数,電圧及び位相の制御を行うことができる。この発表では、ビーム電流,軌道等の例を示しながら、RCS及びMRのビームコミッショニングにおけるRFの調整の現状及び今後の見通しについて述べる。

The beam commissioning of the J-PARC RCS was started in October 2007 and acceleration of $$1.07times10^{13}$$ protons has been successfully achieved in February 2008. Also, the beam commissioning of MR began in May 2008. The RF capture of the beam and the extraction at the injection energy of 3 GeV was successfully performed. In both of the RCS and MR, MA (magnetic alloy) cavities are employed to achieve high accelerating voltages which are necessary to accelerate the high intensity proton beams. We employ full-digital LLRF control systems to realize precise and reproducible control of RF frequencies, voltages and phases. We present the status of the RF acceleration with examples of the beam signals. Also we discuss the future plans.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.