検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高強度全散乱装置(NOVA)の現状

Present status of NOVA; J-PARC neutron total diffractometer

鈴谷 賢太郎; 高田 慎一 ; 社本 真一; 大友 季哉*; 三沢 正勝*; 金子 直勝*; 大下 英敏*

Suzuya, Kentaro; Takata, Shinichi; Shamoto, Shinichi; Otomo, Toshiya*; Misawa, Masakatsu*; Kaneko, Naokatsu*; Oshita, Hidetoshi*

高強度全散乱装置(NOVA)は、平成21年3月に真空槽本体が設置され、平成21年度4月よりコミッショニングを開始する予定である。全散乱法は、結晶PDF法(Pair Density Function)として、結晶物質にも適用されており、局所的な構造乱れや揺らぎを観測する方法として急速に適用範囲が拡大している。NOVAは、J-PARCの世界トップレベルの中性子フラックスにより、0.3%程度のQ最高分解能を有し、0.01$AA$^{-1}$$から100$AA$^{-1}$$までの広いQ領域を数分程度で観測可能である。これにより非晶質や液体のみならず、結晶を含むさまざまな物質の構造解析に有効である。特に水素貯蔵材料においては構造の歪みや乱れが顕著であり、NOVAによる水素-水素相関の観測により、物質中水素の挙動について新しい知見をもたらすことが期待される。本講演では、NOVAの建設の現状について報告する。なお、同装置はNEDO水素貯蔵先端基盤研究事業(平成19年-平成23年、プロジェクトリーダー:産業技術総合研究所研・秋葉悦男氏)として進められている。

Design concept of high-intensity total diffractometer of J-PARC is wide-Q range measurements with the highest neutron intensity by the pulsed neutron source. The resolution of the diffractometer is reasonable for crystalline materials and the diffractometer will cover very wide research fields in term nano structure and/or non-crystalline materials. Hydrogen absorption mechanism will be intensively investigated with the diffractometer.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.