検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Current status on research and development of uranium crystallization system in advanced aqueous reprocessing of FaCT project

先進湿式法再処理におけるウラン晶析技術の研究開発の現況

柴田 淳広; 鍛治 直也; 中原 将海; 矢野 公彦; 田山 敏光; 中村 和仁; 鷲谷 忠博; 明珍 宗孝; 近沢 孝弘*; 菊池 俊明*

Shibata, Atsuhiro; Kaji, Naoya; Nakahara, Masaumi; Yano, Kimihiko; Tayama, Toshimitsu; Nakamura, Kazuhito; Washiya, Tadahiro; Myochin, Munetaka; Chikazawa, Takahiro*; Kikuchi, Toshiaki*

原子力機構では、FBRサイクル実用化研究開発の一部として、三菱マテリアルと協力し、ウラン晶析プロセスの開発を実施している。このプロセスは、Uと他の元素の溶解度の差を利用しており、温度や酸濃度により制御可能である。溶解液中のUの大半は、溶解液の温度を下げることにより硝酸ウラニル結晶として回収される。本報では、U晶析プロセスと機器に関する研究開発状況について報告する。実溶解液を用いたビーカ規模の試験をCPFにて実施した。U晶析工程におけるFPの挙動について議論する予定である。また、工学規模の晶析装置を用いた、非定常事象評価試験を実施した。スクリュー回転数低下,結晶排出口閉塞及び母液排出口閉塞の各事象について、事象の進展及び事象検知手段を確認した。

As a part of FaCT project, Japan Atomic Energy Agency has been developing a U crystallization process for advanced aqueous reprocessing technology in collaboration with Mitsubishi Materials Corporation. We have carried out experimental studies and obtained fundamental data. Continuous operation tests were also carried out by an engineering-scale crystallizer to confirm productivity of the equipment and to investigate non-steady state conditions. The requirements for the U crystallization process in the FaCT project could be achieved except DF of Cs. More detail investigation is under way to settle the process condition without Pu-Cs double salt formation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.